【増税・消費税】私たちの生活はどうなるか?

1989年に消費税3%が導入され30年経った2019年。皆さんは今年から消費税が上がることを知っているだろうか?これまでの8%がからさらに上がり私たちの生活はどうなるのか?またいつから導入されるのかを詳しく解説していきます。

 

【消費税10%はいつから?】

消費税10%の引き上げ始まるのは2019年10月1日からです。2014年4月から消費税5%から8%に引き上げ。2015年10月から消費税10%を実行しようとしたが、2度の増税の先送りをしてきました。


【私たちの生活の影響は?軽減税率について】

消費税が10%に引き上げになったことで全てのサービスや商品が値上がりするのでしょうか?消費税増税によって低所得者の負担が増えるのを防ぐために「日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する」という特定の商品は軽減税率が適用されます。

この際の軽減税率は従来と同じ8%です。軽減税率の対象となるのは飲食料品(酒類・外食をのぞく)と新聞(週2回以上発行される新聞、定期購読契約に基づく)です。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0018006-112.pdf

外食の定義のイメージ

かなり細かく対象が決められています。インフラなどは10%適用で、新聞は紙が8%で電子版は10%となっています。飲食料品(酒類・外食をのぞく)、新聞以外は消費税10%適用です。

また収入別、増税による負担額の大まかな予想です。以下の表は総務省「家計調査」(2014年)をもとに金額を試算したものです。*軽減税率は考慮していません。

どの層でも約2万円~7万円の負担が増えそうです。


【まとめ】

・消費税の10%の引き上げは2019年10月1日から開始。

・軽減税率の対象は飲食料品(酒類・外食をのぞく)と新聞(週2回以上発行される新聞、定期購読契約に基づく)。

・どの年収層であっても増税によって約2万円~7万円の負担が増える。

資産形成という概念からいうと負担が増えるということはそれだけ貯蓄や投資に回せるお金が少なくなります。年収300万円から400万円の負担額から考えると、25歳~65歳の総負担額は160万円です。

160万円も大きなお金で老後や資産を築く上でマイナスとなりえます。消費税増税分の資産もしっかり守れるライフプランも計算して資産形成に望みたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA