「助成金」ってなに?補助金との違いを知ろう

事業の支援をしてくれる日本の制度としてあるのが助成金と補助金ですが、これがどのような制度で、どのような違いがあるのかを明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。

ただの支援金だと考えている人もいるのではないでしょうか。

理解が浅いが故に、損をしてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、助成金と補助金の違いについて解説していきます。

助成金と補助金の違いとは

まずは、違いを語る前に助成金と補助金のそれぞれについて知っていきましょう。

助成金ってなに?

助成金とは、厚生労働省が主となり公募している雇用に関する支援金と、経済産業省から受給される研究開発系の2つに分類されます。

雇用系の助成金は、ハローワークなどが公募をしている、企業の雇用の維持や促進を目的とし。経営を助けるものです。

一般的なものでは、新規雇用、雇用維持、人材育成などがあり、労働環境を整えるための助成も存在します。

財源は、企業が支払う雇用保険の一部です。

条件に当てはまるものがあれ場合には、申請をしてみるのも良いでしょう。

補助金ってなに?

補助金は、企業が成長する過程における取り組みに対して支援される制度です。

その種類はなんと、1万種類以上と言われています。

業種や業態問わずに多くの企業が対象となっており、さまざまなサービスやビジネスモデルに対しての補助金があるなど、多岐に渡ります。

ただ、予算に限りがあるため、審査が厳しく、採択率は約1割と言われています。

そのため、申請が通りやすくなる対策を考える必要があります。

つぎに、助成金と補助金の違いについて考えていきましょう。

助成金と補助金の違いとは?

このふたつの違いは、必ず審査があるのが補助金で、条件を満たすことでもらえるのが助成金です。

そのため、補助金は申請を出したからといって、必ず受け取れるわけではありません。

また、補助金は主に経済産業省や地方自治体で使われ、助成金は主に厚生労働省で使われる言葉です。

助成金は、条件さえ満たしていれば、申請した人全員が受け取ることが可能です。

助成金・補助金の注意点

注意すべき点は、どちらも企業や申請者がお金を支払った後に受け取ることができるという点です。

雇用のための賃金を支払う前や、設備などを買う前に受け取る補助金を充てることはできません。

その分の資金を支払ってから請求することを忘れないようにしましょう。

自己資金でお金を先払いした後に、助成金・補助金が支給されます。

そのため、その分の資金は予め確保しておく必要があります。

また、請求したからといって、直ぐに入金されるわけではありません。

入金は、数ヵ月後にされることがほとんどで、その分の資金繰りを計画的に行わなければ、ギリギリの状態で経営をしていかなくてはいけなくなるため、注意が必要です。

経営をするときに、最もシビアにならなければいけないのが資金繰りでしょう。

銀行から融資を受けたり、別の手段で資金調達をするときでも、金利や返済が発生します。

そのため、助成金や補助金が活用可能であれば、中小企業や個人事業の経営者は、大きな助けになるでしょう。

あなたが経営する事業が公募の要項に該当しているのかどうかは、常にチェックしておくと良いでしょう。

申請には、期間が決まっているため、スムーズに申請を終えられるように、予め計画的に準備を進めておきましょう。

また、認定支援企業や専門家が申請の手続きをサポートしてくれたりもします。

自身で申請をするのは難しい、やり方がよく分からないという人は、専門家などに頼るのも良いでしょう。

助成金・補助金交付のしくみ

交付のしくみについてもカンタンに触れていきます。

助成金は、何かの目的を実現するために交付されます。

そのため、助成金を受け取るための環境を整える必要があります。

例えば、従業員を充実させたいと思ったときの環境の整え方には、以下のような取り組みが必要です。

  • 従業員の教育
  • 正社員化
  • 残業時間の削減
  • 育児休業
  • 有給休暇の増加
  • 健康診断の促進

社員の仕事へのモチベーションやスキルが上がれば、その人は次のステップに進んでいきます。

また、昇級したり、正社員になることで、安定した雇用に繋がり、責任感が強くなり、会社への貢献度が上がっていきます。

長い目で会社の成長を見たときに、無理やり有力な新規の人材確保に動くよりも。環境を整えた方が有利になると言われています。

このようなに、社員のことを考えて取り組みを主なっている会社だと認められれば、助成金が下りやすくなります。

助成金や補助金の存在は知っていて、申請をした方が良いのは分かっているが、申請作業が面倒、かつ時間がかかるからといって、着手しない人もいます。

手前の会社の経営に目がいき過ぎてしまい、もらえるお金をもらう機会を逃すのは勿体ないことです。

雇用関係の助成金は、お金をもらうために申請するものではありません。

労働環境を改善しようという、努力に対して支払われるお金です。

また、審査のある補助金でも、今後の社会貢献が望めると認められた事業や体制に対して審査を経てもらえるものです。

補助金は、補助するためのお金で、広告費や開発資金などの不足しているお金を補うためのものです。

これが上手くいけば、社会貢献に繋がると認めてもらい、かつ見通しが立つ内容であれば審査が通りやすいのです。

そのため、審査を通すには事業計画書が必須であり、「この事業を通して、社会にどう役立つのか」「どんなニーズを満たしてくれて、それが将来的に期待できるのか」という点を審査されます。

その企業の事業が社会の役に立ち、これから成長する見込みがあると認められれば、そこまでにかかった費用の一部が補助されます。

まとめ

中小企業にとって、このような資金を援助してくれる国の制度は、経営の強力な助けとなることでしょう。

申請を面倒臭がらずに、受け取れるお金は受け取るようにし、会社、事業の更なる工場に勤めるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA