新しいお金の増やし方?「ほったらかし投資」の時代へ

資産運用をしてみたいと思っても、投資経験もないし、お金がマイナスになるのが怖いという思いを持っていて、なかなか資産運用に踏み出せないという人も多いことでしょう。

2020年に新型コロナウイルスが流行ってしまい、コロナが原因で仕事がなくなったという人や、収入が減ったという人が急増しています。

多くの飲食店を含む、店舗を持っている店の多くが閉店しているのもまた事実です。

そのため、個人に向けて資産運用を推奨する流れが例年以上にあります。

そういった、投資初心者の人に向けておススメしている資産運用方法が「ほったらかし投資」です。

ここでは、この「ほったらかし投資」がおススメされている理由について解説をしていきます。

「ほったらかし投資」ってなに?

「ほったらかし投資」とは、文字通り放っておくだけで資産運用ができる投資手法です。

株式投資やFX投資など、デイトレードをメインに行うような投資手法の場合は、毎日のようにチャートを見て、1日に何度も売買を行いますが、「ほったらかし投資」ではそれがなく、基本的に長期的に「放置」して行う資産運用だという認識を持つと良いでしょう。

長期的に放置するということは、デイトレードのように専門的な知識を重視されず、比較的安全性の高い金融商品に資産を投げることとなります。

ここからは、コロナの影響により不況を迎えている中でも投資をするべきだと言われる理由についてお話していきます。

株価が暴落している今だからこそ投資のチャンス

新型コロナウイルスが流行した影響を受けて。世界中の株価が大暴落しています。

このような状況は「コロナショック」と呼ばれています。

たしかに、株式を買って投資を行っていた人は、大暴落と共に大損をしてしまったという人もいます。

そのため、「やはり投資は怖いものだ」という認識を持った人もいることでしょう。

しかし、現在推奨されている「ほったらかし投資」では、今回のコロナショックに負けずに資産を増やすことができるのです。

2度の経済的ショックを経ても増え続ける「S&P500」

今回のコロナショックと、2008年のリーマンショックのと近々で2度の経済的ショックが起きました。

しかし、アメリカを代表とする株価指数である「S&P500」に月1万円ずつ積み立て投資をしていた場合に、10年以上ほったらかしにしていても、元本が全く減らずに増え続けるという結果が出ています。

つまり、多くの人が資産運用で大きな損失を出した、2度の世界的な経済的ショックにも負けずに利益を出すことができる方法が存在していることを証明しているということです。

コロナに負けない3つのポイント

ここで気になるのが、なぜコロナショックやリーマンショックを受けても負けないのか、という点かと思います。

コロナに負けない3つのポイントを解説していきます。

1.ドル・コスト平均法で長期間の積み立て投資

ドルコスト平均法とは、価格変動のある金融商品に対して毎月決まった金額を積み立て投資していく投資手法です。

また、時間を分散させて定期的に買い続けます。

相場の変動に関わらず、毎月一定額を投資し、価格変動による大きな損失を負うリスクを軽減しながら運用を行います。

この手法を使って、長期的にコツコツ利益を増やすことを狙えます。

2.自動積立で運用を仕組み化

資産運用をしていると、どうしても勝った負けたで一喜一憂してしまいます。

投資は、メンタルマネジメントも重要と言われています。

そのため、気持ちの振れ幅が大きいと運用結果にも悪影響を与えかねません。

そうならないためにも、淡々と投資を続けることが求められます。

そこで有効なのが、自動積立で運用を仕組み化することです。

自動積立にしてしまえば、投資に回すお金を毎月指定口座から自動で引き落とされるようになります。

3.複数の地域や資産に分散投資

投資は「長期・積立・分散」を心掛けて運用することが鉄則だと言われています。

コロナショックを受けて、より分散投資の大切さを痛感した人も多いのではないでしょうか。

同じ国の金融商品に投資をしていたとしても、株式はコロナショックの影響を大きく受けて暴落したが、債券は多少の下落で済んだりと、投資先を分散していれば資金を全て失うというリスクから逃れることができます。

そのため、複数の地域や資産に分散投資することが、経済的ショックが起きても負けない状態を作るポイントなのです。

コロナにも負けない「ほったらかし投資」

コロナの影響によって、将来のお金の心配をするようになった人も多くいるかと思います。

副業を始めた人や、転職を考え資格所得のために勉強を始めた人も増加しています。

株価の暴落を受けて、投資から撤退した人も多くいますが、今までの投資手法だけを利用するのではなく、「ほったらかし投資」のような、投資の鉄則を守りながら運用する方法に切り替えるのも選択のひとつです。

既に、各個人が投資をした方がいい時代が来ています。

まだ、資産運用を取り入れていない人は、何かしらの運用を始めることをおススメします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA