「ほったらかし投資」をやった方が良い10の理由(前編)

新型コロナウイルスの影響を受けて、世界的に不況を向かえています。

そこで、日本国民全員が資産運用を考えるべき時代になったとまで言われれうようになりました。

そこでおススメされているのが「ほったらかし投資」です。

なぜ、このほったらかし投資がおススメされているのでしょうか?

それには、10の理由があります。

そこで、10の理由を前編・後編の2回に分けてご紹介していきます。

ほったらかし投資の基礎知識については、こちらをご覧ください。

新しいお金の増やし方?「ほったらかし投資」の時代へ

ほったらかし投資をやった方が良い10の理由(前編)

無理なく始めることのできるほったらかし投資は、本業をやりながらでも取り組める投資とされています。

ほったらかし投資をやった方が良い理由の前編として、5つの理由をご紹介します。

1.投資先選びはプロに任せられる

ほったらかし投資をするときには、投資信託を買うことになります。

投資信託を購入することで、投資先選びや運用などをファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロがやってくれます。

個人が、ひとつの企業の株式を購入するのとは違って、投信はさまざまな国や地域、資産に投資ができます。

プロが運用をしてくれるため、一般投資家は基本的にお金を預けるだけになります。

また、海外の企業にも間接的に投資することもできます。

しかし、同じ投信という枠組みでも、購入する商品によってリスクとリターンが異なります。

2.世界経済の成長と共にお金が増える

「今の日本の景気はどう思いますか?」と聞かれたら、誰もが景気が良いとは言わないでしょう。

それを後押ししているのが、近年流行しているコロナの影響で景気が更に悪くなっている印象を持っている人が多くいます。

しかし、世界全体の経済成長を見てみると、直ぐにでもほったらかし投資を始めた方が良いという理由が明確になっています。

世界全体の株価は、世界の経済成長に合わせて順調に上昇しているのです。

つまり、日本の金融商品だけに投資をするのではなく、世界全体を投資対象として購入することで、世界の経済成長に連動してお金が勝手に増える仕組みを作ることができます。

3.複利効果で徐々に資産が増える

ほったらかし投資は、基本的に長期で運用をする投資のため、利益が更なる利益を生む複利運用がおススメです。

複利運用とは、分配金を受け取らずにそのお金を再投資し、利益を大きく狙うことを言います。

長期で運用することのメリットは、一時的に相場が不調になったとしても、相場が回復するまで待つことができる点とだけでなく、複利の効果を受けることができる点も含まれます。

期間が長ければ長いほどその効果は発揮され、最終的に受け取れる金額がその分多くなります。

4.購入タイミングを分けて値下がりに対応

投資の原則の中に、分散投資があります。

購入するタイミングを分散することで、値動きに左右されずに平均購入価格を安定させることができます。

カンタンに言えば、価格のブレ幅を小さく抑えることができ、その分リスクの軽減に繋がるということです。

ここでポイントとなるのが、毎月一定額を購入することです。

毎月決まった金額で購入をするため、投信の値動きが下がったとしても、その分口数を多く買うことができます。

最終的な資産は、「基準価額(投資信託の値段)×保有口数」で決まるため、価格が下がったときに多く口数を買うことができれば、下落することさえも味方にすることができるのです。

このような方法のことを積立投資と言います。

最初に一括で商品を買うのではなく、分割して買う方法のことです。

5.長期運用で投資のリスクを軽減

長期で投資をすることで、元本割れのリスクが軽減できる傾向にあると言われています。

投資期間が5年と20年では運用成果に違いが出ます。

金融庁のデータによると、100万円を運用したときに5年後には72~173万円の間になるという結果になっているが、20年後には185~321万円と、元本割れの確率がゼロであるという結果がでています。

投資が怖いというイメージを持たれてしまうのは、損失を出し、大切なお金を減らしてしまったり、ゼロになってしまったりする可能性がどうしてもあるからです。

そのため、やってみたいけど投資をやっていないという人が多くいるのです。

しかし、このデータを見ても分かるように、投資を早い段階でスタートし、長期的に運用することで元本割れのリスクが低いことを証明しています。

後編に進む

この記事では、10の理由の内の5つを紹介しました。

後編の記事では、残りの5つの理由について解説をしていきます。

そちらも合わせて読むことで、ほったらかし投資を始めた方が良い理由の理解をより深めることができるでしょう。

https://www.frichquest.com/13536/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA