つみたてNISAを始めよう|つみたてNISA始め方ガイド

ほったらかし投資と組み合わせて、つみたてNISAを利用したいと思ったときに、つみたてNISA用の口座を開設する必要があります。

証券口座を作ったことがないという人からしたら、どうやって口座を開設すればいいのか分からずに困ってしまいます。

ここでは、つみたてNISAを始めるために、口座開設の簡単な流れを解説していきます。

つみたてNISAの口座開設

つみたてNISAの口座を開設するときは、一般NISAの口座を持っているか持っていないかで手順が変わります。

また、よく勘違いをされがちですが、つみたてNISAと一般NISAの併用はできません。

どちらか片方を選ぶ必要があります。

ここで注意が必要なのは、1度どちらかの口座で取引をしてしまうと、その年は変更ができなくなるという点です。

既に一般NISAの口座を持っていて、つみたてNISAに変更を考えている人は注意が必要です。

一般NISAを持っているか持っていないかで手順が変わる

一般NISAの口座を持っているのかどうかで手順が変わります。

それぞれ解説していきます。

一般NISA口座を持っている場合

一般NISA口座を持っている人が、同じ金融機関でつみたてNISAを始めるときは、2017年までにマイナンバーを提出してあるかどうかでやることが変わります。

マイナンバーを提出済みであれば、そのままつみたてNISAへの変更を申し込むだけです。

一方で、マイナンバーの提出が2017年までにできていなかった場合は、改めてつみたてNISAで口座開設の申し込みをしましょう。

また、同じ金融機関以外でつみたてNISA口座を開設するときには、別の金融機関の口座開設の申し込みとは別に、現在の金融機関を変更するための手続きを行わなければなりません。

一般NISA口座を持っていない場合

一般NISA口座を持っていない場合は、つみたてNISAを開設したいと考えている金融機関に証券口座を持っていれば、その金融機関でつみたてNISAの開設申し込みをします。

証券口座を持っていない人は、証券口座の開設とつみたてNISA口座の開設を一緒に申し込みます。

口座開設までのカンタンな流れ

口座開設までのカンタンな流れは以下の通りです。

1.webで申し込みをする

証券会社などの金融機関のサイトから、口座開設や変更の手続きを申請します。

2.必要書類を郵送

必要事項を記入し、マイナンバーなどの必要書類を用意し、金融機関に郵送にて提出します。

3.口座が開設したら取引スタート

口座が無事開設できたら、銀行などの金融機関からお金を入金し、取り引きをスタートさせます。

新NISAで一般NISAから変更した場合の保有商品はどうなる?

2024年の新NISAではルールが変更されます。

一般NISAが2階建てのしくみになります。

新一般NISAの1階部分の20万円はつみたてNISAに移管可能です。

また、最長で非課税期間が25年になります。

つみたてNISAに変更した後は、一般NISAの保有資産にロールオーバーすることはできません。

保有している資産は、運用期間満了まで非課税対象として保有ができます。

利用条件の違いをチェックする

つみたてNISAの口座を作れるのは、大まかに銀行、総合証券、ゆうちょ銀行、ネット証券の4つがあります。

そして、各金融機関によって取り扱っている商品数も違えば、最低積立金額なども違います。

そのため、なるべく自分の運用方針に合ったところを選ぶのがいいとされています。

中でも、ネット証券は他の金融機関と比べて便利性が高く、取り扱い商品数や積立方式の自由度など、さまざまな面で使い勝手が良く便利です。

つみたてNISAでチェックしたい利用条件は3つあります。

1.取扱商品数

金融機関ごとにつみたてNISAで買うことのできる銘柄数は異なります。

ネット証券は、銀行やゆうちょ銀行と比べて商品数が多い傾向にあります。

2.最低投資額

金融機関によって、最低投資額も異なります。

ネット証券であれば、最低100円から投資ができるところがありますが、大手銀行や総額証券では1000円や1万円からと割と高く設定されています。

3.積立の自由度

積立方式の自由度も異なり、買付のタイミングが月1、週1、毎日など金融機関によって自由度が大きく異なります。

口座を開けるときには、できるだけ選択肢の多い金融機関を選ぶと良いでしょう。

ネット証券で始めるのがおススメ

つみたてNISAを始めるのであれば、ネット証券一択と言われるほど、ネット証券がオススメです。

気になるネット証券をピックアップし、利用条件を比較して、あなたに合ったネット証券を見つけ、つみたてNISAを始めてみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA