保険は「損な賭け」であるという考え方

日本国民の9割以上の人が加入していると言われている生命保険。

将来自分の身になにかがあったときに、その保証としてお金を補填してくれるのが保険の良いところです。

しかし考え方によっては、保険に加入することは「損な賭け」と考えることもあります。

ここでは、「損な賭け」とはどういった考え方なのかを解説していきます。

保険は「損な賭け」であるという考え方

民間の保険は、加入するメリットもあれば、デメリットも存在します。

中でも、アナリストなどによっては「損な賭け」であるという人もいます。

では「損な賭け」とはどのような考え方なのでしょうか。

これから加入する人は「本当に必要か」を考えよう

これから加入をする人は、加入が本当に必要かどうかを考える必要があります。

保険の営業マンは、将来の不安要素を提示して、万が一のときにお金を保証してくれるという保険の内容で契約をします。

加入を考える人の不安は以下のようなものが挙げられます。

  • パートナーが亡くなったらどうしよう
  • パートナーががんになったらどうしよう
  • 子どもが大きなケガをしたらどうしよう
  • 病気が原因で仕事を失ったらどうしよう
  • 精神的ストレスで休職することになったらどうしよう
  • 老後にお金が足りなくなったらどうしよう

など挙げ始めたらキリがありません。

不安要素を全て解消しようとすると、保険の内容が増えすぎてしまい、保険料がかさみ、手数料も多く支払うこととなります。

仮に、何事も起こらなければ保険料は無駄になってしまいます。

「損な賭け」にならないように、保険に加入しているつもりで、自らお金を貯めるという選択を取ったり、まとまった資金が用意出来たら資産運用をしたり、万一のことが起きたときに貯蓄から使うなど、自由に使える状態のお金を自分で貯めるという考え方をすることもできます。

保険の仕組み

保険の基本的な仕組みは、保険会社に契約者が保険料を支払い、保険会社はそのお金を運用し、加入者に万一のことが起きたときに決まった保険料を支払うという仕組みです。

保険は万一のことがない限り、一銭ももらえないのが基本です。

保険内容によっては、積み立ての側面を持った保険もあるため、そのような保険に加入する分には、お金を受け取ることができます。

原則は生命保険も医療保険も「加入しない」

原則は、生命保険も医療保険も加入しないことです。

ただし、頼れる父母がいなく、貯蓄もない、自分が亡くなったら子どもが路頭に迷う、といった人に限り、保険の加入をするのが得策とされています。

既に保険に加入している人は、月々のコストが増えすぎないように、解約や契約内容のの変更を考えましょう。

保険があった方が安心できるというと人は、保険が必要な一定期間のみ、特約を付けないような掛け捨ての保険に入り、毎月の負担額を最小限に抑えるのも良いでしょう。

保険に入っている人は解約を視野に

既に保険に加入している人は、解約を視野に入れましょう。

保険加入者のほとんどが、自分の保険の契約内容をしっかり把握していないという人が契約者数の半数近くいるのが現実です。

よく分からないまま、無駄に保険に入ってしまっている人もいるのです。

これからも継続して加入していくのであれば、この先もずっと損をしてしまうことになります。

必要のない保険は解約し、どうしても取っておきたい保険はコストの見直しをすることで、負担額を抑えましょう。

保険に入っていないと不安な人は「シンプルな保険に」

保険に入っていないと不安だという人も一定数いると思います。

そういった人は、「シンプルな保険に入り直す」と良いでしょう。

生命保険のルールは3つあります。

  1. 最低限の期間(子どもが成人するまで)
  2. 最低限の掛金(ネット専業保険や共済を利用)
  3. 最低限の保証(掛け捨て保険で特約なし)

「損な賭け」という本質

ここで「損な賭け」という考え方の本質を考えてみましょう。

そもそもあなたが支払っている毎月の保険料は、保険会社が存続するための維持費や運営費が含まれています。

更に言えば、保険会社で働く従業員の給与も含まれています。

これらをまとめて「手数料」とすると、保険によっても異なりますが、保険料の約3割から半分ほどは手数料として取られているのです。

残りがあなたの万が一に備えた保険の原価になります。

つまり保険は、加入者が加入した時点から「損な賭け」に参加しているということなのです。

これが本質であり、保険会社は加入者がいることで安定し、加入者は平均的に負け続けていくのです。

保険に支払うお金を自ら貯めて運用に回す

多く取られてしまう手数料を長い間支払い続けるのは非常に勿体ないと言えます。

その手数料分を自ら貯めて、貯まったお金を運用に回し、お金を増やすことを考えるのが合理的と言えます。

しかし、貯めることが難しいと考える人もいるため、お金を貯めるのが苦手な人や、加入した方が良いような人は、保険の加入をした方が良いでしょう。

あくまでも、これはひとつの考え方で、「絶対に保険に入らないようにしましょう」ということではありません。

自ら運用する勇気があり、貯蓄が得意な人は、このような考え方を持ち、資産運用を行い資金を増やす選択を取ってもいいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA