人生100年時代を生き抜く「キャリア・プランニング]

医療技術が発達してきて、人生100年時代と言われてるのが今の日本です。

平均寿命が年々伸びていて、その分老後に必要となる資金も増えています。

そのため、より一層人材価値を高めるためのキャリア・プランニングが大切になってきます。

ここでは、なぜキャリア・プランニングが必要なのか、人材価値を高めるための戦略はどう考えていけば良いのかについて解説をしていきます。

生きていくにはお金が必要

当たり前のことですが、生きていくにはお金が必要です。

基本的にお金は、稼いで、貯めて、運用して、将来の稼ぎが落ちたときに取り崩してという流れになります。

この流れの中で、「稼ぐ」という段階にフォーカスを当てて考えてみましょう。

働いて稼ぐときに、職選びによって大きく収入は変わってきます。

仕事は時間を使って、お金を稼ぐ手段となり、アルバイトだとしても長時間働くことで、多く稼ぐこともできます。

しかし、時間は全員に平等でかつ、有限なものです。

稼ぐ効率を上げるためにも、専門的な知識やスキルを身に付け「価値のある人材」になることが大切となってきます。

つまり、お金を効率的に稼ぐためには、キャリア・プランニングをしっかり立てて、若いうちから「価値のある人材」を目指すことが重要なのです。

キャリア・プランニングが必要な理由

先程話をしたように、キャリア・プランニングをしっかり立てて、「価値のある人材」に成長することができれば、お金を稼ぐという面において、効率良く稼ぐことができます。

もちろん、睡眠時間や余暇に使う時間を削って、アルバイトを掛け持ちするなどして、時間と体を犠牲に多くのお金を稼ぐことはできます。

しかし、この方法は若い内なら可能かもしれませんが、長くは続きません。

稼ぐことに効率性を求めるときには、人材価値を高めるための「キャリア・プランニング」が大切なのです。

人材価値を高める戦略

人材価値を高めるためには、能力と実績を作る戦略とプランニングが大切になってきます。

人材価値は、(「能力」+「実績」)×「働ける年数」で計ることができます。

仕事の世界では、「能力」が高いだけでは、価値として評価されません。

その能力を使って、実際に働いた「実績」があるのかが見られ、この「能力」と「実績」のふたつの側面から「価値のある人材」かどうかが判断されます。

更に、「働ける年数」は、例えば30歳と40歳の人がいて、二人とも同じ能力と実績を持っていたとしたら、どの企業でも30歳の人を採用します。

単純に10年間多くその能力を企業に使ってくれる、かつ更なる能力の向上がこの10年間で望めるからです。

このように、「人材価値」は、「能力」と「実績」だけでは判断されず、「働ける年数」を含めて判断されるのです。

さんざん「価値のある人材」と言ってきましたが、ここで言う「価値のある人材」とは、経済的にあ価値を意味しており、人間的な価値を指しているわけではありません。

では、「価値のある人材」になるための戦略はどのように立てるべきなのでしょうか。

キャリア・プランニングを考えるときに、意識すべき年齢があります。

それは、28歳、35歳、45歳です。

簡単に説明すると、28歳までに自分の職を選択肢、35歳までに自分の人材価値を確立し、45歳を向かえたらセカンドキャリアの準備を始めます。

75歳まで働くことを想定したときに、スキルや学びなおし、顧客の開拓などの時間が必要で、その準備を始めるのに適している年齢が45歳と言われています。

若い頃から「人材価値」を高めるプランを考えよう

若い頃は、将来のことを具体的に想像し、プランを考えるのは難しくもあります。

また、若い頃はそのときの楽しいことに時間とお金を使いたがってしまうため、中々自分の「人材価値」を高めるためにキャリア・プランニングをしっかり立てて、それに向けて行動をしていけないものです。

しかし、将来歳を重ねたときに、そこまで苦労せずに充実した生活や仕事ができている人は、こういったプランを必ず立てており、将来の準備をしっかりと進めています。

「まだ若いし、将来のことは考えたくない」と思っている人もいるとは思いますが、なるべく早い内から「キャリア・プランニング」を立て、将来を見据えておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA