高齢期前に考えておきたい「セカンドキャリア」への準備と貯蓄

高齢期が来る前に考えておきたいのがセカンドキャリアについてです。

何の準備もせずに、高齢期を向かえてしまうと、お金と仕事の面で高齢期を迎えてから苦労してしまう可能性があります。

そうならないためにも、セカンドキャリアについて事前に準備をしましょう。

ここでは、セカンドキャリアについて解説をしていきます。

セカンドキャリアは45歳から考える

セカンドキャリアの縦鼻をするのは、45歳が良いタイミングと言われています。

45歳にもなれば、これからどれくらい出世をするのかの見極めがだいたいできている頃です。

このタイミングで、将来のことを現実的に考えます。

リタイアはいつなのか、セカンドキャリアはどうするのかを考えていきます。

いつまで働いて、何を仕事にして、どのくらい稼ぐのかというのに重きを置いて具体的に考える必要があります。

そのために、働ける能力とその能力を買ってくれる顧客を用意しておく必要があります。

これは、時間をかけて用意することで、資格を取っていたとしても、顧客を獲得するには時間がかかります。

なるべく早くから準備を進め、セカンドキャリアでできることの幅を拡大しておくことが重要です。

高齢期は3つの段階に分けられる

高齢期は、3つの段階に分けて考えるべきとされています。

1.セカンドキャリア準備

いつまで働くのか、何を仕事にするのか、準備にはどのぐらいの時間がかかるのかなどを早い段階で準備した方が、後の選択肢が広がります。

年齢で言うと、45~50歳の高齢期準備期間でもあります。

リタイア後の経済・金銭など、今後の生活の立案と準備をする期間です。

2.適切な資産運用

資産運用が重要になってくる時期で、リスクとリターンが適切であるのかを見極める必要があります。

悪い商品にひっかからないように気を付けましょう。

年齢で言うと、50代中間から75歳前ぐらいまでの高齢前期です。

運用と取り崩しの両方をする生活に入ります。

ここまでに、騙されないための金融リテラシーを身に付けておきましょう。

3.必要資産額を見積もる

70歳以降の高齢後期では、自分でできなくなることが増える時期でもあり、今後の必要資産を見積もる必要があります。

想定した運用と金銭管理が大切となり、またサポートしてくれる第三者の存在も大切になります。

必要資産の見積もり方は、人生設計の基本公式というもので計算することが可能です。

将来に必要な貯蓄額が分かる「人生設計の基本公式」

将来使えるお金と現在の支出とのバランスをコントロールして、リタイアまでに必要な資産を作っていきます。

そのためには、お金の計画を立てる必要があり、自分にとってどのくらい貯蓄額が必要なのかを把握しておく必要があります。

この必要な貯蓄額を知るためには、「人生設計の基本公式」という数式を使うことで計算ができます。

ネットで検索をすれば、簡単に調べることができます。

資産運用が上手くいけば、将来必要な積み立てるべきお金が増えたり減ったりします。

細かく数字を詰めるよりも、大まかにお金の計画を立てることが重要です。

セカンドキャリアに向けて必要資産額を知っておこう

セカンドキャリアに向けて、必要な資産額を見積もっておく必要があります。

これが分かっているのか、分っていないのかで、今後の資金繰りが大きく変わります。

具体的にセカンドキャリアを考えて、早い内からお金の準備をすることが、将来の生活を充実したものにできるかどうかのカギを握っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA