子どもにかける「教育費」は無理をしないのが鉄則

子どもを育てるときには、周りの子どもたち、他の家庭と比較しがちです。

自分の子どもは他の子どもよりも十分な教育を受けさせていると、一種のマウンティングのようなものを取ろうとして、無理に教育費を捻出しがちです。

子どもを持つことを考えている人は、必ず教育費がかかってきます。

また、教育費は人生の大きな出費のひとつです。

ここでは、教育費について解説をしていきます。

教育費は無理して捻出しないようにする

教育費は、それなりにお金がかかる支出のひとつです。

そのため、子どものためを思って無理にお金を捻出してしまうと、家計が崩壊し、生活がままならなくなる可能性があります。

そうならないように、教育費は無理に捻出しないようにしましょう。

教育費の考え方として、必要経費と捉えるよりも投資として考えるようにしましょう。

現在は、大学を卒業しているのかどうかで生涯所得が数千万円もの差が出ます。

また、進学する大学によっても差が出るため、子どもの教育にはお金をかけるべきと考えている人がいます。

良い教育をするに越したことはありませんが、教育費は予算に落とし込んで考えるべきであり、無理のないように国公立を選ぶのもひとつの手です。

一般的には、早くから教育費をかけた方が柔軟に吸収しやすく、早くに受けた教育を持続するという投資効果があるため、なるべく前倒しで使えるといいと言われています。

少子化が進んでいる現在では、これから更なる学歴格差がもっと広がっていきます。

そのため、単純にどこでもいいから大学に行けばいいというわけでは無くなります。

では、つぎにどのぐらいの教育費がかかってくるのかを見ていきましょう。

子どもの教育費はどれぐらいかかるのか

子どもの教育費の内の学費について、どのくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。

以下の表は、令和元年度の私立高等学校などの初年度生徒等納付金平均額です。

奨学金を利用することは「悪」ではない

奨学金と聞いて、良いイメージを持つ人もいれば、悪いイメージを持つ人もいます。

学生に借金をさせる悪い借金だと言うコメンテーターもいます。

しかし、必ずしも奨学金が悪であるとは言い切れません。

子どもの教育費は、想定以上にお金がかかります。

教育費が大きく必要となるときに、住宅ローンの返済や老後資金の準備に運用にお金を回していたり、お金を使うタイミングが重なってしまうと、家計を苦しめ、満足な生活が送れなくなるという可能性がでてきます。

家庭環境が悪くなるぐらいであれば、奨学金を活用した方が断然良いと言えます。

また、奨学金は利率が低いため、悪い借金には該当せず、尚且つ奨学金を借りて就職が有利に働き、十分に完済の見込みを立てられるのであれば、利用するべきでしょう。

教育を受けることによるメリットは、主に子どもに発生するものなため、子どもに奨学金を使うことは可哀そうなことではありません。

もちろん、奨学金を利用せずとも教育費をまかえるのであれば、それに越したことはありません。

ひとつの選択肢として、奨学金を借りることを視野に入れておきましょう。

まとめ

自分の子どもとなると、どうしても愛情がわいたり、将来苦労しない大人に育ってほしいなどと、家庭によって子どもに抱く期待は出てきます。

そのため、子どもの教育費に多くのお金を使ってしまい、家計を崩壊させてしまう人も出てきます。

そうなってしまうと、学業に子どもが集中できなくなったり、家庭内の問題を子どもが気にするようになったりと、子どもの本業である勉学に集中ができなくなります。

この状態は、親も子どもも望まない形です。

教育費は無理のない範囲で、子どもが生活する環境の水準を下げないように心掛けましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA