債券で運用するってどういうこと?|債券投資の基礎知識を学ぼう

資産運用をするときには、どのような投資商品に投資をするのかを選ぶ必要があります。

それが、株式なのか、為替なのか、不動産なのか、債券なのか、その人に合った商品に投資を行います。

今回は、投資商品の中の「債券」で運用することについて学んでいきましょう。

債券で運用する

投資商品の中でも「ローリスクローリターン」の商品とされている債券で資産運用をすることはどういうことなのでしょうか。

債券投資の基礎的な知識を学んでいきましょう。

国や企業などにお金を貸す

債券は、国や企業にお金を貸したことを証明として発行する有価証券のひとつです。

「貸す」という行為が株や投資信託などとの大きな違いです。

預金の仕組みに近いと言えます。

その理由は、銀行預金は銀行にお金を貸しているのと同じだからです。

銀行は国民が預けているお金を使って利益を上げ、預金者はその見返りとして利子を受け取っています。

債券も同様に、企業、地方自治体、外国の公的機関などにお金を貸します。

お金を借りた組織(債権の発行体)は、そのお金で事業を行って、貸し手である投資家に定期的に利子を支払います。

満期と利率が予め決まっている

利子収入の仕組みは銀行の定期預金に似ています。

銀行の定期預金は、預け入れるときに予め利率や満期で戻ってくる日が決まっています。

例えば、大手銀行の定期預金の場合、満期が5年、利子が年0.001%の利子が受け取れることが決まっています。

債券も同様に、債券発行時に満期と利率が決まっています。

利率は発行体によって異なりますが、国が発行する個人向け国債の「固定5年」の場合は、年利0.05%の利子が受け取れます。

大手の定期預金と比べると、債券の方が利率が高いものが多く、近いところでお金を使う予定がない人は、そのお金を中長期で預金するよりも債券を持つ方が運用の効率が上がります。

満期日は、債券投資では「償還日」と呼ばれます。

基本的には、貸したお金が全額返ってくるため、株などと比べると元本割れのリスクが小さいのが特徴です。

また、預金を中途解約できるように、債券は債券を市場で売ることで、現金化ができます。

ただし、中途解約の場合は元本割れのリスクが生じるため、注意が必要です。

債券は発行体によってリスクとリターンが異なる

債券のリスクは、発行体が破綻することです。

破綻することによって、貸したお金が減ったり、戻ってくるまでに時間がかかったりします。

そのリスクは発行体によって異なってきます。

例えば、国債は国が破綻しない限りはなくならないため、投資先としてはリスクが小さいと言えます。

一方で、企業、地方自治体、新興国の政府機関などは、破綻するリスクが大きくなります。

その分、国債と比べて利率が高く設定されています。

海外の発行体で、外貨建てで投資をするときには、為替変動によって利子や償還金の金額が変わることもあります。

発行体のリスクを見るときには、債券の信用を表す「格付け」というものを見ます。

格付けが高い発行体ほどリスク・リターンが共に小さくなります。

債券投資まとめ

債券投資は、ローリスクローリターンの投資ではありますが、銀行預金よりも効率的に資産運用ができます。

また、分散投資の候補としてもおススメされるのが債券です。

発行体によってもリスクとリターンが変わってくるため、格付けを基にあなたが投資する債権を選んでみても良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA