投資信託で運用するってどういうこと?|投資信託の基礎知識を学ぼう

世の中には、さまざまな投資商品が存在します。

投資信託は、その内のひとつで、比較的初心者の人に向いている投資商品と言われています。

投資をやったことのない人からすると、株式や為替、不動産といったメジャーで馴染みのある投資商品しか知らないケースも少なくありませんが、投資初心者の人がいきなり株式や為替などに手を出すのはリスクがあると言えます。

ここでは、投資信託とはどのような投資商品であるのかについて解説をしていきます。

投資信託で運用する

初心者向けの投資商品である投資信託は、どのような商品なのでしょうか。

ここからは、投資信託で運用するとはどのようなことかをお話していきます。

投資家から資金を集めて株や債券などで運用する

投資信託は、証券会社や銀行などで購入することができます。

初心者の人が手を出しやすい投資商品で、リスク管理が株に比べてカンタンです。

投資信託は、複数の投資家からお金を集めて、複数の株や債券、不動産などで運用をすることから、一般的に「ファンド」と呼ばれます。

投資委託会社と呼ばれる「運用会社」が投資信託を設定し、運用指図を行い、「管理会社」と呼ばれる信託銀行が市場を通して売買を行って、顧客の資産を管理します。

また「販売会社」の銀行や証券会社は、投資信託を多く投資家に説明し、販売をします。

投資信託は、通常1万円から買うことができますが、近年ではネット証券などで100円や500円から買うことができるようになり、手軽に始められる投資商品となりました。

投資信託は、株式の株価と同じように、毎日のように値動きします。

この価格を基準価格と呼び、投資家が購入をするときの基準となります。

投資信託の規模と価値

投資信託には、純資産総額というものがあり、これは投資信託が投資家から集めた資金の総額と、投資信託の運用結果を加えた金額のことです。

例えば、10人が10万円ずつ買った場合は100万円のお金が集まり、運用が上手くいき5%の利益を得ることができたら105万円になります。

純資産総額が大きい方が幅広く投資が可能で、運用が安定します。

基準価格とは、純資産総額を販売している口数で割り算をしたものです。

例えば、全10口の投資信託の場合、純資産総額10万円なら基準価格は1万円で、15万円なら基準価格は1.5万円になります。

基準価格が上がっている投資信託は、運用が上手くいっている投資信託と言えます。

投資信託は大きく分けて2種類

投資信託の投資先は、商品によってさまざまですが、投資先の分野や業種などは予め決められています。

例えば投資先に株を含めているもののことを「株式投資信託」といい、株を含まずに債券などに投資をするものを「公社債投資信託」といいます。

株の方が債券よりも値動きが大きいため、リスク・リターンも株式投資信託の方が大きくなります。

株式投資信託の中でも、国内株に投資するものもあれば、海外株に投資するものなど、種類があります。

日経平均株価のような株価指数と連動するように設計されているものもあれば、値上がりしそうな銘柄に絞って投資をするものもあります。

投資信託の特徴は目論見書でチェック!

投資信託を選ぶときは、どんなものに投資して、どれだけのリスク・リターンがあるのかを把握することが重要で、これを把握する書類が販売会社が交付する「目論見書」です。

目論見書には、「投資信託の特徴」「運用に係るコスト」「投資対象」「運用方針」「運用リスク」など、その投資信託自体の詳細がまとめられています。

投資家が購入するときには、販売会社は必ず「交付・説明」することが義務付けられており、購入を決める前に必ず内容を確認しましょう。

投資信託で投資をする

投資信託がビギナーに向いている理由として、他の投資商品と比べて、少額から投資が可能という点があります。

株式の場合は、銘柄によっては数十万から数百万円のお金が必要な場合もありますが、投資信託であれば100円、500円という少額から投資を始めることができます。

投資信託は初心者向けの投資商品でもあるため、投資経験のある人でも分散投資の選択肢として組み込んでいる人も多くいます。

目論見書を参考に、投資信託で資産運用をしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA