投資信託のメリットを知ろう|投資信託の基礎知識

投資商品のひとつに投資信託があります。

初心者に向いていると言われている投資信託にはどんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、投資信託のメリットについて解説していきます。

投資信託のメリット

投資信託は初心者におススメの投資商品とされていますが、その理由の最も大きな要因は、少額から始められるという点です。

今までの投資信託は、通常1万円から商品を買うことができましたが、近年はネット証券で100円、500円からといった少額から投資が可能となりました。

損するリスクを低くできることから投資信託がより初心者に向いている投資と言われるようになりました。

投資家から資金を集めてさまざまな投資対象に投資する

投資信託は、前記で書いた小額から投資ができるというメリットを少し掘り下げていきます。

株式投資と比較すると、株は最低投資金額が高い銘柄があり、投資予算を超えてしまうことがありますが、「業績が良さそう」「株価が上がりそう」と判断したとしても、投資資金が足りないと、買うことができません。

つまり、投資先の選択肢が予算の都合で限定されるということです。

一方で、投資信託は株と違って価格ベースで投資するのではなく、金額ベースで投資するという特徴があり、予算の制限を受けにくくなります。

投資信託は、複数の銘柄に投資をする性質があるため、「この株が欲しい」と思っても、その銘柄だけを買うことはできません。

ただ、最近の投資信託は多様化しており、「欲しい」と思った銘柄の業種が明確であれば、その業種に絞った投資信託を探すことが可能です。

分析の手間をかけずに投資の範囲が広がる

投資初心者にとって、個人で株や債券の分析を行う必要がないのも大きなメリットと言えます。

例えば、株式投資の場合、値上がりしそうな銘柄を選びますが、そのためには多くの情報収集と分析が必要です。

国内の株式市場だけでも、約3700種類もの銘柄が存在し、外国株を含めるとかなりの数になります。

この情報集めと分析を投資初心者が行うのは非常に困難です。

一方で、投資信託はリスクとリターンに関する方針をチェックするだけで良いため、気軽に投資を始めることができます。

情報不足で、運用が上手くいかないというリスクも抑えることができます。

海外の商品にも簡単に投資可能

投資先を探している人の中には、海外の株や債券に興味を持っている人もいます。

アジア・アフリカの企業に注目していたり、アメリカのIT企業に投資したい人もいます。

投資対象を広げることは、利益を得る可能性を広げることでもあります。

ただし、海外の投資対象に目を向けるのであれば、海外の経済状況や為替の値動きなどに関する知識が必要となります。

銘柄によっては、個人で売買するのが難しかったり、手続きに手間がかかる場合もあります。

初心者に向いた投資商品

投資初心者にとってのメリットは上記のように、少額で投資ができ、予算という制限がかかりにくく、投資先の範囲にも制限がかかりにくいのです。

投資を始めて、うまくいかないケースのほとんどが、余裕を持って資金のやりくりができなかったことや情報不足によっての損失です。

この投資に失敗するリスクをある程度回避できる投資信託は、投資初心者はもちろん、分散投資をしたい人、投資経験のある人にとっても十分なメリットがあると言えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA