投資信託の分配金のしくみを学ぼう

投信には、分配金というインカムゲインが存在します。

分配金という言葉を聞いても、いまいちどのような仕組みか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、投信の分配金のしくみについて解説していきます。

分配金の仕組み

投信の分配金には、大きく2種類存在します。

種類によって特徴は異なり、また分配金がない投信も存在します。

市場でいつでも取引ができる投資信託

冒頭で触れたように、投信は分配金というインカムゲインがあります。

例えば、毎月分配型と書かれている投信の場合、分配金が毎月受け取ることができるタイプを意味します。

ただし、投信の中には分配金がないものも存在します。

分配金には2つの種類がある

まずは分配金が何なのかというと、投信の運用益の一部を投資家に還元するものの事を意味します。

分配金には2種類存在し、「普通分配金」と「特別分配金」のふたつです。

運用益から払われる分配金のことを普通分配金、運用益が出ていないときにも分配金を支払うときに、投資信託が集めた資金の中から払う分配金のことを特別分配金と言います。

普通分配金でも、運用結果次第では分配金が減ったり分配金が支払われないケースもあります。

この点は、銀行の利息と異なります。

いずれの場合でも、投信の資産総額から支払われますが、普通分配金は投資の利益なため受け取るときに税金がかかります。

しかし、特別分配金については投資家が投資した資金が文お会い金として戻ってきているのと同じため、利益とはならずに非課税扱いになります。

投資効率が良いのは「再投資型」

分配金なしの投資信託は「再投資型」と呼びます。

このタイプには分配金がなく、インカムゲインを得ることはできません。

これだけを見ると、損をしているのではないかと思うかもしれませんが、そうではなく、むしろ運用硬貨としては得になるのです。

再投資型は、運用益を再び投資信託の資産に組み入れて再投資をする仕組みです。

例えば、投信の純資産総額が100億円で、今年の運用益が2億円(2%)だったとき、純資産総額は102億円になります。

一方で、分配金ありの投信は運用益を投資家に還元します。

分配金の支払いが総額2億円だったとして、支払いを終えた段階で純資産総額が102億円から100億円に戻ります。

仮に翌年の運用益がどちらも2%であった場合、再投資型は2億400万円の利益を得ます。

一方で、分配金ありの投資信託の場合は、純資産総額が1億円に戻ってしまうため、利益は2億円です。

つまり、分配金となる資金を再投資することにより、より大きな利益が得られる複利効果を生み出します。

分配金で投資効率を上げよう

分配金を定期的に受け取り、毎月の利益を上げるのもひとつの戦略であり、また分配金の無い投信を複利効果で運用し将来的な利益を大きくすることもひとつの戦略です。

どちらの方が良いという断定はできませんが、あなたに合った投資方法、投信を選ぶと良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA