積み立て投資は「つみたてNISA」を活用する!

投資をするときに「つみたてNISA」を活用している人も多くいることでしょう。

積み立て投資をするときの強い味方となるのが「つみたてNISA」です。

ここでは、なぜ積み立て投資と相性が良いのかについて解説をしていきます。

つみたてNISAを活用しよう

積み立て投資をするのであれば、活用したいのが「つみたてNISA」です。

なぜ、つみたてNISAを活用するべきなのかをこれからお話していきます。

積立投資と相性抜群

2018年に始まった「つみたてNISA」は、運用益にかかってくる税金が非課税になる「少額投資非課税制度」と積み立て投資の「時間分散」というメリットを併せ持ったもので、資産形成との相性は抜群な制度です。

通常の口座では、値上がりした金融商品を売却したときに、利益に対して20.315%の税金がかかります。

その税金が非課税になるのがつみたてNISAの強みです。

もともとあるNISAは、非課税期間が5年で、投資上限金額は年間120万円ですが、つみたてNISAであれば非課税期間が20年と長く、投資上限金額は年間40万円です。

年間40万円と聞くと少ないようにも感じますが、通常のNISAであれば120万円×5年=600万円のところ、つみたてNISAは40万円×20年=800万円と考えると、トータルで非課税になる金額はつみたてNISAの方が大きいのです。

もちろん通常のNISAでも積み立ては可能ですが、つみたてNISAは期間が長いため、より積立投資のメリットを活かせる制度となっています。

NISAとつみたてNISAの違い

NISAとつみたてNISAの違いをカンタンに表でまとめると以下のようになります。

長期投資に向いている

つみたてNISAは、2037年までであればいつ始めても非課税かつ20年間の積立ができます。

ただし、積み立てをスタートするタイミングは2037年までとなっています。

長期投資によって資産形成をすることが目的なため、初心者が投資しやすいように投資の対象となる金融商品は既存の投資信託とETF(上場投資信託)から金融庁が定めている一定の条件を満たしたもののみとなっています。

そのため、金融商品をあまり知らないという人でも安心して投資先を選ぶことができます。

例えば、中長期の積立投資を行うときには、分配金を受け取るよりも再投資した方が投資効率が良いため、毎月分配型の投資信託は対象外になっています。

なお、定期かつ継続的な方法による積立投資のみが認められているため、購入頻度は「毎日」「毎週」「毎月」「年2回のボーナスのみ」などとなっています。

ここは取り扱いの金融機関によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

つみたてNISAとNISAは同時に使えない

つみたてNISAとNSIAの口座は両方開設することは可能ですが、同時に使うことはできず、1年毎にどちらかを選ぶこととなります。

どちらも運用益の非課税という点では同じで、どちらを選んでも通常の投資よりも節税の効果が高いため、あなたの投資スタイルや目的によって選ぶことができます。

しかし、これからの資産形成で重要となるのは分散投資であるため、通常のNISAよりもつみたてNISAを活用する方がメリットは大きいと言えます。

例えば、毎月40万円を20年間積み立てたとき800万円が非課税となりますが、現在のようなコロナショックによって株価が低迷しているときは、今後の20年間で金融市場がこれから上がっていくと考えるのであれば、その分の運用益が非課税になるということは、資産形成をすることにおいて大きなメリットとなります。

非課税のメリットを活かす

株式などのリスクの大きい金融商品より、比較的手堅い商品に投資をして、非課税のメリットを最大限に活用できる積み立て投資を利用すると良いでしょう。

何といっても、つみたてNISAのメリットは投資で得た利益を非課税にできるという点です。

この点を活かすための資産形成をしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA