本業と両立して副業がしたい!休日を使って稼ぐ副業10選

休みの日を使って、何か副業ができないかと考えている人もいることでしょう。

仕事の疲れを癒す時間として休みを使うのも良いことですが、その時間を使ってお金を稼ぎたいと考えるのは賢い考え方です。

最近では、コロナウイルスの感染拡大によって、副業のニーズも上がっており、在宅でできる副業を筆頭に人気があります。

ここでは、休みの日にできるオススメの副業を5つ、またちょっと変わった副業を更に5つの計10個の副業をご紹介します。

休日にできる副業5選

休日にできる副業としておススメの副業は以下の5つです。

  • YouTube配信
  • エキストラ出演
  • インスタ物販
  • ココナラ
  • 覆面調査

それぞれ簡単にご紹介していきます。

YouTube配信

気力や体力、やる気がある人であれば、月収数百万円を稼ぐことができるのがYouTube配信の副業です。

芸能人が続々と参入してきていて、いま勢いのある職業がYouTuberです。

簡単そうに見える人もいるかもしれませんが、意外と稼ぐのは難しいのです。

しかし、上手く人気が出れば多くの稼ぎを生み出すことができます。

最近はYouTuberにもさまざまな配信携帯があり、昔ながらの体を使った企画動画からノウハウなどを教える教育系、アニメキャラが動いているように見えるVtubrなどがあります。

YouTubeで収益を得るためには、先ずは登録者数1000人と過去12ヵ月の総再生時間4000時間をクリアする必要があります。

そのため、最初の目的は登録者数1000人と再生時間4000人になります。

この目標を達成するために重要なポイントは3つあります。

1つ目のポイントは、とにかく多くの動画を出すことです。

再生時間や登録者数を増やすにはとにかく動画を沢山出していくことが大切です。

最初は動画を見てくれる人は少ないが、魅力的な動画が増えていくことで、登録者数や再生時間も増えていきます。

2つ目のポイントは、TwitterやTikTok、ツイキャスを使って宣伝をすることです。

YouTubeではなかなか登録者数は増えにくく、TwitterやTikTokなどのSNSを使って自分の存在を知ってもらうことが大事になってきます。

どこかでバズることができれば、登録者数や再生時間は一気に伸びていきます。

3つ目のポイントは、動画についたコメントを参考にすることです。

アップした動画についた意見や要望で参考にできる部分は実践していくことが大切です。

動画の方向性を変える必要はありませんが、視聴者の要望に応えることも登録者数や再生時間を増やすためには必要です。

エキストラ出演

ドラマや映画の撮影で募集されるエキストラの副業は、ただ映り込めばいいというわけではなく、役者をサポートする意識を持つことが必要となります。

また、経験をこなして評価を高めていくことで、さまざまな現場に呼ばれるようになり、ランクアップして報酬単価が高くなります。

人によっては、大きなCMや演者(役者)側のオーディションに参加できることもあります。

オーディションに合格すれば、1案件で数十万円の収入になることもあります。

インスタ物販

インスタグラムには「Shop Now」というショッピング機能があります。

インスタで投稿されている画像を見た人がその商品を欲しくなったときに、画像をタップして、そこで出てきた商品タグをタップすることでその商品ページに直接飛んでいき、その場ですぐに買うことができるという仕組みになっています。

承認購入までのステップが短いため、購入者側が欲しいと思えば、すぐにスムーズに購入が可能です。

お酒やたばこ、サービスなどの無形商品は禁止されているため注意が必要です。

ココナラ

ココナラは、自分の売りたいサービスを自分で決められる個人間のフリーマーケットです。

価格の設定は自由で、受注件数にも制限がないため、自分が頑張れる分だけの仕事を受けることができ、無理なく仕事量をコントロールすることができます。

普段の仕事のスキルを活かして、休日に副収入を得ている人もいれば、主婦が家にいながら稼ぐ手段としてもオススメです。

小さい案件から始めて経験を積み、月数万円を超える収入を得る人もいます。

覆面調査

覆面調査は、ミステリーショッパーとも呼ぶ副業です。

覆面調査の手順は、運営サイトに会員登録をして、対象となっている店舗を利用するだけです。

ただ、接客について店員の名前を聞かれたり、料理の写真を求められることもあるため、事前に質問項目をチェックしておきましょう。

また、同じような副業として、会場にモニター参加者を集めて新商品やサービスを評価する会場調査というものも存在します。

ちょっと変わった副業5選

ここからは、ちょっと変わった副業を5つ紹介していきます。

ちょっと変わった副業は以下の通りです。

  • おっさんレンタル
  • 巫女さん
  • 遺品整理
  • 電柱調査
  • クワガタブリーダー

それぞれ簡単に解説していきます。

おっさんレンタル

ドラマでも話題になったのがおっさんレンタルの副業です。

2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」で話題になったおっさんレンタルは、登録料はかかるものの、サイトに登録することで、依頼主から依頼を受け、一緒にいた分の時間給がもらえるというものです。

人と会うことが好きな人であれば、やりやすい副業のひとつと言えます。

依頼案件は様々で、「夜景を一緒に見て欲しい」「展示会を手伝ってほしい」「留守中の子どもの面倒を見て欲しい」などの依頼があります。

巫女さん

年末年始などの大きな行事のときに募集されるのが巫女さんの副業です。

公に募集していない神社が多いため、直接問い合わせて応募する必要があります。

また、大きな神社ではホームページでの募集を行っています。

袴は貸し与えられ、着方も教えてもらえるため、特別な技術を必要としません。

遺品整理

禁煙の高齢化社会にともない、遺品整理の需要が急激に増加しています。

遺品整理とは、故人の残した生活雑貨や衣類、家具、家電製品などの遺品を整理する仕事です。

体力面では人並み程度の体力で問題はありませんが、亡くなった人の部屋を掃除するため、精神的な強さが必要です。

日給制で7000円~1万円が相場となっています。

電柱調査

電柱を写真で撮って送るだけという電柱調査の副業があります。

駅周辺にある電柱をスマホで撮影して、クライアントに送るだけです。

案件によっては、1本5000円という破格な案件も存在します。

電柱地中化の調査とも思われる案件ですが、とてもレアで、見つけたらラッキーな案件です。

クワガタブリーダー

ひと昔では、「黒いダイヤ」とも呼ばれ、価格が高騰していたオオクワガタを飼育するのがクワガタブリーダーの副業です。

ブームの頃と比べると価格は暴落してはいるものの、自宅で飼育ができるため、手軽にできます。

雌雄を増やして育て、休日に販売業を行う流れになります。

飼育方法は専門書やネットで調べることはできますが、実践してみなければ分からないことが多い副業のひとつでもあります。

休日を有効して稼ごう

「休日は休むもの」という考えを持つことも良いことですが、2020年に大流行したコロナウイルスによって、本業1本で一生を終えるには不安が残ることが明らかになりました。

本業だけでは不安だと実感した人も多いことでしょう。

毎週2日休みがある人であれば、週の1日だけを副業の時間にして、1日はゆっくり休むというスケージュールでも良いでしょう。

他にも副業は多彩に存在するため、自分に合った副業を取り入れていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA