早めに始めると得する|投資初心者の資産運用の秘訣

最近では、スマホ一台持っていれば、いつでもどこでも簡単に投資ができるようになりました。

若い世代やサラリーマン、主婦の人が投資で資産運用を始めています。

しかし、投資家人口は増えていってはいるものの、「怖い」「難しそう」などといった理由で、中々投資に踏み切れていない人が多いのもまた事実です。

そこでここでは、投資初心者の人にオススメな「投資信託の積立」について解説をしていきます。

投資初心者にオススメなのは「投資信託の積立」

資産運用といっても、長期的に運用したり、短期的に大きいリターンを狙ったりとさまざまな方法が存在します。

投資初心者の人が、いきなりリスクの大きい運用方法を取るのはあまりオススメできません。

短期的な運用でリターンを狙うためには、知識・経験が必要となり、指数の予測や的確な判断が必要となってきます。

いきなり初心者の人がこれを実行するのは難しいため、先ずは、売買のタイミングを考えなくても投資ができる、積立がオススメです。

また、積立をする場合は、投資信託がオススメです。

なぜなら、投資信託は投資のプロの人が代わりに商品選びなどをやってくれるからです。

プロは、投資家から集めたお金で、いくつもの銘柄や債券などに投資をします。

つまり、ひとつの投資信託を買っただけで、複数の会社や債券に投資ができてしまうのです。

資産運用をするときに重要となる「分散投資」が、投資信託を買うことで自動的にすることができるのです。

積立はリスクをコントロールすることができる

資産運用をするときには、あなたの余裕資金で始めることが大前提です。

それは、万が一の事があったときに、元本割れをして、資金が無くなってしまう可能性があるからです。

そのため、余裕資金を使って運用をすることが良いでしょう。

積立投資は、元本割れのリスクを完全に無くすことは不可能ですが、そのリスクをコントロールすることは可能です。

例えば、毎月の積立金額が1万円であったとき、投資信託の価格が1,000円のときは10口買うことができ、2,000円のときは5口、5,000円のときは2口買えることになります。

これが、月ごとに先々月1,000円、先月2,000円、今月5,000円だったとき、3ヵ月で投資した金額は3万円、購入できた数は合計17口となり、平均取得単価は約1,800円です。

一方で、積立をせずに、投資信託の価格が5,000円のときに一括で3万円分を買った場合、買える数は6口だけです。

同じ投資額でも、タイミングによっては大きく損をしてしまうということです。

積み立てを行っていれば、価格が下がったときに多く買って、価格が上がっているときは少なく買うことができ、平均額が下がるというメリットがあります。

この値動きを個人が予想して、投資信託を買うことは中々難しいため、値動きを気にせずにできる積み立て投資がオススメなのです。

投資信託でできる積立の種類

ここからは、積立ができる投資信託の種類として、4つの制度やサービスをご紹介します。

つみたてNISA

つみたてNISAは、2018年1月に投資活動の促進を主目的とした制度としてスタートしました。

これは、短期的な利益を目指した制度ではなく、「長期・積立・分散投資」の3つを前提とした、投資信託やETF(上場株式投資信託)を対象としている制度のことです。

2020年現在では、2037年までの投資が認められていて、ひとり一口座のみ開設が可能です。

つみたてNISAの最大のメリットは、非課税枠があるという点です。

通常は課税対象となる利益が、非課税枠の範囲内であれば、税金を引かれずに利益を得ることができます。

iDeCo

iDeCoは、投資信託を積立しつつ、老後の資産形成ができる制度のことです。

投資信託以外にも、元本確保型の預金や保険でもiDeCoが利用できます。

商品の組み合わせは自由で、あなたのリスク許容範囲に合わせて選ぶことができます。

また、積立金の全額を所得控除することができ、所得税と住民税の節税効果があります。

老後資金を作るための運用に適した制度で、最低積立金額は月5,000円となっています。

ポイント投資

ポイント投資とは、その名の通り共通ポイントを使って投資をする方法のことです。

Tポイントやdポイントなどのポイントを使って投資をするため、現金を使うよりも気軽に投資ができます。

投資に対して、ハードルが高いと感じていた人にとっては、入りやすい投資スタイルと言えます。

ロボットアドバイザー

AIが運用をしてくれるロボットアドバイザーというサービスがあります。

初心者の人が投資をスタートさせるときに入りやすい運用方法です。

ロボットアドバイザーとは、いくつかの質問の回答に応じて、その人に合った運用の提案、運用をしてくれるというサービスです。

「ロボアド」と略して呼ばれたりします。

ロボットアドバイザーのメリットは、投資の知識・経験が必要ないという点です。

時間がない人でも取り入れやすい投資方法です。

また、人間が取引を行うのではなく、AIが全て行ってくれるため、人の感情などの影響を受けないというメリットがあります。

ロボットアドバイザーには、「投資一任型」と「アドバイス型」の2種類が存在します。

積立投資は早めに始めて長期的に!

積立投資は、早めに始めて長期的に運用することがそのまま大きなメリットとなります。

長い時間をかけて、コツコツと資産を増やしていく方法なため、なるべく早めに始めることで、将来の貯蓄が増えていきます。

まだ投資をやっていない人でも、リスクの低い投資信託の積立投資を始めてみても良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA