ロボットアドバイザー投資のメリット・デメリットとは

AIが資産運用をしてくれるロボットアドバイザー。

資産運用のサービスとして取り入れている投資家も年々増えてきています。

自動的に資産運用をしてくれる分、時間のない人や初心者にオススメの投資と言えます。

とはいっても、メリットもあればデメリットもあるものです。

ここでは、ロボットアドバイザー投信のメリットとデメリットについて解説していきます。

ロボットアドバイザー投資のメリット・デメリット

ロボットアドバイザーとは、通称「ロボアド」と呼ばれ、AI(ロボット)が投資家の代わりに自動で資産運用をしてくれるサービスのことです。

近年では、若い世代を中心に利用者が増えてきている投資手法です。

メリット

まずはメリットから見ていきましょう。

1万円から投資できる

投資のイメージとして、数十万〜数百万円がなければできないものと思っている人が多いですが、ロボアドは最低1万円から投資可能です。

「WealthNavi」は、自動積立は1万円から、それ以外は10万円からとなっており、「THEO+docomo」は10万円からとなっています。

最初から大きなお金を投資するのは抵抗がある人でも、1万円からであれば取り入れやすい金額だといえます。

また、運用コストは投信よりも安く、口座の維持が無料で、各手数料も安く設定されています。

手間いらず

ロボアドが自動でやってくれることは以下の通りです。

  • 投資のアドバイス
  • 商品選び
  • 分散投資
  • 売買
  • 投資商品の組み換え

つまり、運用をスタートしてしまえば、その後はほったらかしの状態で運用ができます。

リスクヘッジができる

投資のリスクヘッジの基礎は、「長期・積立・分散」です。

ただ、これを自分ですべてをやりくりしようとすると、とても困難です。

長期間保有、商品選定、商品の組み替え、複数の投資先の管理を毎日のようにするのは、時間がかかります。

これができずに投資を諦めてしまう人が多いのもまた事実です。

しかし、ロボアドはこれらすべてを過去の膨大なデータを基に自動で行ってくれます。

また、下落にも対応し、マイナスを最小限に抑えるようにリバランスもしてくれます。

最適な運用をしてくれる

あなたのリスク許容度を基に、最適な運用をしてくれます。

例えば、「リスクは取りたくない」「堅実に増やしたい」「リスクを取っても大きいリターンを狙いたい」などのリスク許容度を、最初にいくつかの質問から診断し、最適な投資先を組み立ててくれます。

知識・経験不要

投資をするときには、知識・経験が必要となりますが、ロボアドでは、知識や経験がゼロの状態でも運用ができます。

口座開設をするときに、あなたの資産状況と投資に対する考え方を診断し、資金を預けるだけで、その後は自動で運用してくれます。

確定申告を省略できる

投資でお金が増えた時には、税金がかかってきます。

これを知らずに投資を始める人は多く、後々苦労することも珍しくはありません。

しかし、特定口座を選んでれば、確定申告の手間を省くことができます。

ロボアドの口座を作るときには、この「特定口座」と「通常口座」から選ぶこととなります。

一般口座の場合は、報告書の作成を行い、確定申告は自分でしなければなりません。

しかし、特定口座の「源泉徴収あり」を選択することで確定申告が不要となります。

基本的には、投資利益が20万円を超えた場合に課税されます。

「所得=利益−経費」

この所得は他の副業などを含めたもので、「副業所得10万+ロボアド所得10万」だったとしても課税対象となります。

デメリット

つぎにデメリットを見ていきましょう。

投資経験が積めない

全てが自動で行われるため、投資経験を積むことはできません。

AIがどのように運用をしているかを見ることはできますが、実践で学ぶことと比べたら得られるものは限りなく少ないといえます。

将来的にも、投資のスキルはある程度身についていた方が良いため、自分の投資スキルも磨くべきでしょう。

基本的には、ロボアドは分散投資のひとつという感覚で、他の投資と組み合わせつつ、他の投資で投資経験を積むようにしましょう。

短期的に大きな利益を狙えない

基本的に、ロボアドは長期投資向けのサービスです。

短期的に大きな利益を狙うような投資ではありません。

ロボアドは、リスク許容度によっても異なりますが、ローリスク・ローリターン~ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法です。

短期的な利益が欲しいという人は、ロボアドをやりつつも、短期的に利益を狙えそうなFXや仮想通貨を取り入れると良いでしょう。

NISAが使えない

助言型のロボアドであれば、NISAは使えますが、運用型の場合は実質使えません。

これは、運用型の場合、その時々に合わせて自動でポートフォリオを組み換えるため、NISAの非課税枠の年間120万円をすぐに使い切ってしまうからです。

元本割れのリスクがある

ロボアドは、元本割れのリスクがあります。

元本割れとは、投資した元々の資金を下回ってしまうことです。

ロボアドは、分散投資をしてくれますが、近年あった世界的な金融危機であるコロナショックのような事態による損失を防ぎきれないことがあります。

実績的には、右肩上がりに実績が出ているものの、このような突発的な事象があったときには、元本割れの可能性があります。

リスクを減らす方法はさまざま存在しますが、完全にゼロにはできません。

まとめ

一見メリットの方が多いように感じるロボアドですが、デメリットはあります。

あなたがどのような運用方針で資産運用をしたいのかによって、ロボアドの利用の仕方が変わることでしょう。

ポートフォリオの軸として投資をしても良いし、分散投資の一部として投資をするのもありです。

あなたに合った資産運用を心がけ、無理のない長期的な資産運用をしていくと良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA