先人に学ぶ「投資の格言」売買タイミング・相場の見方編

投資をしていく中で、先人の教えのようなものとして「投資の格言」というものがいくつも存在します。

格言とは、投資をするうえで知っておくことで、失敗のリスクを軽減することに繋がります。

投資を始めたばかりの人などは、この格言から学べることは多くあることでしょう。

そこでここでは、売買タイミングや相場の見方に関する「投資の格言」を5つご紹介していきます。

先人に学ぶ「投資の格言」売買タイミング・相場の見方編

投資の値動きを予測するときに、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などがあります。

この分析を基に、取引の判断をすることとなりますが、そのときの判断に役立つ格言がいくつか存在します。

ここで紹介する5つの格言は以下の通りです。

  1. 備えあれば迷いなし
  2. 知ったらしまい
  3. 二番底は黙って買え
  4. 分からぬときは休め
  5. 全面高したあとの相場は怖い

それぞれの格言の考え方を簡単に解説していきます。

格言その①「備えあれば迷いなし」

この格言は、自分なりの相場観をしっかり持った方が良いということを教えている格言です。

相場観を持っていれば、持っている銘柄の値動きが不安定なときや、他の銘柄の株価が上昇傾向にあったとしても、迷ったり焦ったりすることなく、自分の判断に自信を持ち、冷静に取引を行うことができます。

相場観を持つためには、投資対象である企業の業績や財務内容などを隅々まで研究することが前提となってきます。

格言その②「知ったらしまい」

これは、内容の良し悪しに関わらず、情報が公表されたタイミングで材料が出尽くたとして、そのときに取引を終わらせた方が良いという格言です。

「会社四季報」に今期の業績予想が好調だと掲載されたときには買いが集中するようになりますが、その後決算発表が行われたときには、その予想が合っていて好調な業績であったとしても、材料が出尽くした状態となるのです。

また、新製品の開発を見込んで買いが集まっているときにも、その新製品の開発が正式に発表されたときには材料が出尽くした状態になります。

このような材料が出尽くした状態になってしまうと、その後は株価が上がらなくなるため、その銘柄の取引を一旦休むことが得策と言えます。

格言その③「二番底は黙って買え」

チャートの動きを見て、売買のタイミングの参考となる格言がこれです。

下降トレンドのときに、最初に安値を付けることを「一番底」と言います。

その後、反発してから再度下落し、一番底と同じ価格まで株価が下がり、そこが本当の安値「大底」になることが多いと言われています。

これを二番底と言い、そのタイミングに買い注文を出すと良いと考えられています。

ただし、二番底があった後に三番底が来るときもあるため、参考程度として考えておくようにしましょう。

格言その④「分からぬときは休め」

この格言は、相場の動きが予想できないような不透明なときには、無理をせずに様子を見た方が良いという教えの格言です。

株式相場では、「買う」「売る」という行為と併せて、「休む」行為も重要な戦略です。

そのため、相場の動きが分からないときには、無理に取引をするよりも、休んで様子を見た方が良いでしょう。

株価の上がり下がりがはっきりするまでは、無理に売買の判断をせずにおとなしくしておくことが無難と言えます。

格言その⑤「全面高したあとの相場は怖い」

相場が底入れした後に、相場全体が上昇トレンドに入ったときは、好調な銘柄に続くように、同業種や似ている銘柄の株価が上がる傾向にあり、また無配株にも買い注文が入るようになり、全面高になる傾向があります。

そうなった後は、相場を調整する銘柄がなくなってしまい、一気に下げ相場となるため注意した方が良いという教えの格言です。

同じように、株価の下落を喚起する格言に「下げるときは一株でも下げる」や「山高ければ谷深し」などの格言が存在します。

まとめ

今回紹介した格言は、相場の見方や売買のタイミングについての格言でした。

ここで紹介した格言の他にも多くの格言が存在します。

格言はどれも、投資をするうえで参考になる言葉が多く、投資を始める人や、現在投資をしている人にとっても学びを深めることに繋がるでしょう。

他の格言を知りたいという人は、書籍やネットなどで調べてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA