これから株式投資をする人が知っておきたい「投資の格言」5選

株の世界には、多くの格言が存在します。

株式投資をしていると、投資の判断に迷う場面が幾度となく訪れます。

そういったときに参考にできるのが「格言」です。

そこでここでは、株式投資をこれから始める人が知っておきたい「投資の格言」を5つ紹介していきます。

株式投資をこれから始める人が知っておきたい「投資の格言」5選

これから株式投資を始める人が知っておくべき格言は、株式相場全体の傾向に対する格言を知ることが大切なことです。

ここで紹介する格言は以下の5つです。

  1. 売るべし、買うべし、休むべし
  2. 相場は明日もある
  3. 人の商い、うらやむべからず
  4. 噂で買って事実で売る
  5. 他人を頼るべからず、自力を頼るべし

それぞれの格言について、簡単に解説していきます。

格言その①売るべし、買うべし、休むべし

株は、「安いときに買って高くなったら売る」というのが基本的な利益を得る方法です。

そのため、常に何かしらの注文を行い、売買をし続けなくては稼ぐことができないと考えている投資家が存在します。

しかし、投資は「売る」「買う」以外にも、「休む」という選択肢があり、この「休む」ことがとても重要となります。

投資家は独自の勝ちパターンを持っているものですが、なかなかそのパターンに持ち込むことができないと、強引な注文を出して負けてしまうことは良くある話です。

そういったどちらとも言えない値動きのときには、積極的に休むことがオススメです。

格言その②相場は明日もある

株価は常に変動し、買い時だと思えるような展開を見つけると、すぐに買いたくなるという心理が働きます。

しかし、それが本当にチャンスな展開であったとしても、それと同様のチャンスがこれっきりということはほとんどありません。

慌てて行動をしてしまうと、思わぬ失敗をしてしまうため、慌てず騒がず冷静に自分の戦略通りに取引をすることが重要なのです。

つまり、今日買えなくても、明日買えば良いということです。

格言その③人の商い、うらやむべからず

「隣の芝は青い」という言葉に似た意味の株式の格言がこれです。

株式投資は、基本的にお金儲けが目的であるため、大金を稼いだ人の話が噂として広がりやすい傾向にあります。

他の人が大金を稼いでいたとしても、それはその人だからできた可能性が高く、誰にでもできることではありません。

世の中には、「簡単にお金を稼げる」と宣伝をしているような金融商品が投資手法が存在しますが、そういった実態が不透明な話にまんまと乗っかってしまい、投資判断を誤る可能性があります。

そのため、過度に他人の上手くいった話を意識しすぎないように心がけましょう。

格言その④噂で買って事実で売る

英語にすると「Buy the rumor.Sell the fact」という言葉の格言です。

これは、噂が先走っていってしまうと、実力との乖離が大きくなり、事実で売られたときの衝撃が大きくなります。

簡単に言うと、噂で大量に買われた株は、その後売られる可能性が非常に高いということです。

また、このタイミングが、信用売りをする好機でもあります。

格言その⑤他人を頼るべからず、自力を頼むべし

株式投資をするときは、基本的にすべての投資判断を自分で行います。

他人任せにして勝てるほど甘い世界ではありません。

そのため、他人を頼ることはやめましょう。

株関連のニュースやアナリストなどの相場予想などがありますが、それが正しいかどうかは分かりません。

冷静に考えれば簡単に分かることですが、自分が知っている儲け話を、知らない人にまでわざわざ教える人はいません。

そのため、投資判断は自分ですることが最も安全で確実です。

まとめ

投資初心者の人は、なかなか自分で投資の判断をするのが難しいものです。

そのため、どうしたらいいのか判断に迷ったときには、このような格言を基に自分で判断をするようにしましょう。

ここで紹介した以外にも多くの格言が存在するため、気になる人は調べてみると良いでしょう。

関連記事

投資初心者のための「5つの投資に格言」心構え編

先人に学ぶ「投資の格言」売買タイミング・相場の見方編

投資の格言「株価の里帰り」とは何か?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA