価値にこだわりたい投資家必見の株式の格言5選

株式投資をするのであれば、勝ちたいと思うのが普通の考えです。

当たり前のことですが、お金が減って嬉しい人はいません。

そこでここでは、せっかく投資をするのであれば、勝ちたい、勝ちにこだわりたいと思っている投資家に必見の株式の格言を5つ紹介していきます。

勝ちにこだわりたい投資家必見の株式の格言5選

投資をするのであれば、勝たなくては意味がありません。

しっかりと価値にこだわり、成果を上げたいと考えている人に必見の格言を5つ紹介していきます。

ここで紹介する格言は以下の5つです。

  1. 麦わら帽子は冬に買え
  2. 一文惜しみは天底逃がし
  3. 利食い千人切り
  4. 意地商いは破滅の因
  5. 傍目八目

ここからは、それぞれの格言の解説をしていきます。

格言その①麦わら帽子は冬に買え

通常、麦わら帽子は夏に買うものですが、多くの人が買うようになる時期よりも前の冬の間に買っておいた方が良いという教えの格言です。

つまり、あまり注目されていない低位株の中に、大化けの可能性を秘めている成長株が眠っていることがあり、そういった銘柄を見つけることが大儲けに繋がるという意味の格言なのです。

これは、多くの人が取る行動とは逆の行動を取るという意味でもあります。

格言その②一文惜しみは天底逃がし

できるだけ有利な株価のときにエントリーしたいという考えは、少しでも利益を大きくするために働く当然の心理と言えます。

しかし、少しでも利益を得られるようにと考え、わずかな差を狙い過ぎた結果、エントリーのチャンスを逃してしまうのは元も子もないという意味の格言です。

これは、資産運用をしている投資家であれば、この経験をしている人は多い事でしょう。

慎重になることと、欲張ることは異なる意味の言葉であり、欲張らずに冷静な投資判断を心がけましょう。

格言その③利食い千人力

購入した株が値上がりしているときには、含み益が発生します。

しかし、利確するまではまだ含み益の状態であり、株を売ったときに初めて利益確定となります。

このことを「利食い」と言います。

含み益が出ている間は、「これからもっと上がるかも」と思いがちですが、思い通りに上昇し続けるのかは誰にもわかりません。

そのため、あなたが最初に立てた見込み通りの株価になっていれば、そのタイミングで利食いをし、確実に利益を取った方が良いという教えの格言です。

格言その④意地商いは破滅の因

自分の失敗や弱さを認めることはとても勇気がいることです。

これを株式投資に当てはめると、買った株が値下がりして負けてしまったとき、その負けを素直に認めることができず、塩漬けになってしまう可能性があるということです。

その弱さによって、大きな破滅をしてしまう可能性を説いた格言です。

株式投資をしていくうえでは、買った株が下がったのであれば損切りをして、その原因を検証し、次に臨むことが成功への近道です。

格言その⑤傍目八目

囲碁では、1つの手のことを目と呼びます。

つまり、八目というのは8手先のことを意味します。

囲碁を打っている本人の視点よりも、傍目で見ている人の方が俯瞰して対局を見ることができ、八目先を読むことができます。

このことから、投資判断に困ったときには、一度相場から離れ、俯瞰して相場を見た方が良いという教えの格言です。

つまり、株式投資をするときには、売買をすることも大切ではありますが、休むこともとても重要だということです。

まとめ

株式投資で勝ちにこだわりたいのであれば、今回紹介した格言の意味を理解し、心がけると良いでしょう。

また、格言は数多く存在し、売買のタイミングを見極めるときに活かせるものや、投資の心構えについての格言などがあります。

気になる人は関連記事などを参考にしていただけたらと思います。

投資初心者のための「5つの投資に格言」心構え編

先人に学ぶ「投資の格言」売買タイミング・相場の見方編

投資の格言「株価の里帰り」とは何か?

これから株式投資をする人が知っておきたい「投資の格言」5選

株式投資の判断をするときに役立つ格言10選

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA