知っておくと得をする「投資の格言」5選

投資の判断に迷って、どうしたら良いのか分からなくなったという経験をしたことがある投資家がほとんどでしょう。

そんなときの判断の参考となるのが先人たちが残した「投資の格言」です。

世の中に存在する格言のすべてがその通りだとは言い切れませんが、投資判断に困ったときの参考になる強力な味方でもあります。

そこでここでは、知っておくと得をする投資の格言を5つ紹介していきます。

知っておくと得をする「投資の格言」5選

ここで紹介する格言は以下の5つです。

  1. 見切り千両
  2. 売り買いは腹八分
  3. 銘柄貧乏
  4. 辛抱する木に金がなる
  5. 下手なナンピンはすかんぴん

それぞれの格言の意味について解説していきます。

格言その①見切り千両

株式投資をするときには、資産を守るためのリスク管理が重要です。

そのため、損切り注文をあらかじめ入れておくことが推奨されているます。

しかし、自分のお金が減っている状態、つまり損失を確定させる行為には、勇気が必要です。

損切りに対するプラスな考え方を教えているのがこの格言であり、損切りをすることに価値があるという意味の格言です。

大損を回避することを継続していれば、致命的な損失を抑え、健全な心理状態で株式市場と向きあえるようになります。

格言その②売り買いは腹八分

投資において、人間の欲は邪魔になる存在であり、少し儲けてしまうことで「もっと儲けたい」という心理が働きます。

この欲に引っ張られてしまうと、本来取れていたはずの儲けを逃してしまうことが多々起こります。

つまり、何事も腹八分で納得した方が良いという教えであり、これは株の世界でも、それ以外の世界でも同様に言えることなのです。

格言その③銘柄貧乏

世の中には「器用貧乏」という言葉があり、さまざまなことに興味を持ち、いろいろと始めてみるものの、どれも中途半端な状態になることを意味する言葉です。

株の世界で言われている「銘柄貧乏」も同様の意味の格言です。

新しい銘柄、話題の銘柄に興味を持ち、手を出すが、その銘柄を買った根拠や戦略がなく、失敗してしまうということです。

そのため、興味があるからといって、よく分からない分野や銘柄に投資しないことが大切なのです。

格言その④辛抱する木に金がなる

この格言は、長期的に株式投資をするのであれば、短期的な株価の変動に対して一喜一憂せずに、辛抱することが大切だという意味の格言です。

長期投資をしているときには、配当や企業の将来性を見込んで行う投資なため、短期的に相場が下がったからといって、焦らずに辛抱するようにしましょう。

格言その⑤下手なナンピンはすかんぴん

購入した株が下がったときに、損切りをせずに持ち直す戦術として「ナンピン買い」という手法があります。

例えば、株価が1000円のときに買った銘柄が、値下がりし500円になったとき、そのタイミングで再度買いを入れることで、平均購入価格を750円にすることができます。

これをすることで、株価が750円以上になれば損失を帳消しできるようになります。

しかし、この手法は相場が反転上昇する確信と証拠があってこそ成り立つ手法です。

特に根拠がない状態で、損切りをしたくないからといって下手なナンピンをしてしまうと、最後には手持ちの資金が「すかんぴん(スッカラカン)」になってしまうという教えの格言です。

まとめ

世の中に存在する「投資の格言」はどれも、投資判断を下すときに役立つものばかりです。

投資初心者の人は特に、有名な格言だけでも抑えておき、資産運用に活かすことをオススメします。

投資をするうえでは、リスクヘッジをいかにするかが勝利のカギとなってくるため、知っておきたい知識を身に付け、損失を抑えた資産運用を心がけるようにしましょう。

投資初心者のための「5つの投資に格言」心構え編

先人に学ぶ「投資の格言」売買タイミング・相場の見方編

投資の格言「株価の里帰り」とは何か?

株式投資の判断をするときに役立つ格言10選

価値にこだわりたい投資家必見の株式の格言5選

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA