仮想通貨の基礎を学ぼう|法定通貨や電子マネーとの違いは?

投資の手段のひとつとして利用している人も増えてきている「仮想通貨」。

現物がない通貨であるため、実態が分からずに怖いものだと思っている人も多くいます。

そこでここでは、仮想通貨の特徴や法定通貨、電子マネーとの違い、利用用途について解説していきます。

仮想通貨

仮想通貨(暗号資産)とは、供呼ばれ、電子データのみでやり取りがされる通貨のことです。

仮想通貨は、法定通貨のように国家による強制通用力を持っておらず、主にネット上での取引などに用いられます。

また、デジタル通貨(digital currency)とも呼ばれます。

仮想通貨で最も有名なビットコインが2009年に運用がスタートして以降、アルトコインというビットコインから派生した仮想通貨が次々と誕生していき、法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨取引所が登場し、仮想通貨を持つ人が急激に増えていきました。

仮想通貨の特徴

ここからは、仮想通貨の特徴について解説していきます。

1.中央管理者がいない

法定通貨と違って、仮想通貨には価値を保証する中央管理者が基本的には存在していません。

参加者が全員で監視をする「ブロックチェーン」というしくみによって、法定通貨とは違った方法で価値を担保するという特徴があります。

2.発行上限がある

法定通貨は、その国の経済状況に応じて紙幣の発行枚数を変えることができます。

一方で、仮想通貨には中央管理者が存在しておらず、埋蔵量に制限があるため、発行制限を変えることはできません。

発行上限が決まっている分、仮想通貨の価値が維持されるように設計されています。

ビットコインの発行上限枚数は、2100万枚に設定されています。

3.換金可能

電子マネーは、法定通貨に換金することができなくなっていますが、仮想通貨はその時の時価で売買を行うことができます。

仮想通貨と法定通貨の違いは?

ここからは、仮想通貨と法定通貨の違いについて解説していきます。

ふたつの違いは2点あり、それは「発行元」と「価値の担保」です。

法定通貨の発行元は、それぞれの国です。

法定通貨である円やドルなどは政府によって発行され、中央銀行を介して市場にお金が流れてきます。

日本で言えば、日本銀行が中央銀行にあたります。

一方、仮想通貨は発行主体が存在しません。

生成された新たらしい仮想通貨は、プログラムが設定した基準を満たしている人にが放出することによって市場に登場します。

次に価値の担保についてです。

財産的な価値を持っているものは、一般的に価値のある何かしらが裏付けとなっています。

法定通貨であれば、この「裏付け」は「政府への信用」です。

円の価値をイメージするのは難しいかもしれませんが、アルゼンチンでは通貨の価値が下がるとスーパーに売られている食品の値段が午前と午後で大きく変わっていたりします。

これは、政府への信用が落ちたことで、通貨の価値が下がるというインフレによるものです。

一方、仮想通貨は、プログラムを基に発行される通貨なため、価値の担保となるものが存在しません。

そのため、「ブロックチェーン技術」や「DLT(分散型台帳)」によって通貨などの価値がなくなるリスクがないことを裏付けるために、需要と供給のバランスによって成り立つという特徴があります。

仮想通貨と電子マネーの違いは?

つぎに、仮想通貨と電子マネーの違いを見ていきましょう。

どちらにも共通している点は、電子上で扱われる決済システムであるという点です。

このふたつの違いも、法定通貨と同様に「発行元」と「価値の担保」のふたつです。

例えば、SuicaやPASMOなどの電子マネーは、鉄道会社などの会社が発行主となり、発行した電子マネーが日本円と同じ価値のものであることを保証しています。

つまり、電子マネーは法定通貨をカードやアプリへ代用したツールだと言えます。

仮想通貨の利用用途

仮想通貨の利用用途は以下の3つです。

1.投資・投機

仮想通貨は価格の変動があるため、、投資対象となる通貨です。

そのため、これから価格が上がっていくと予想される仮想通貨に対して投資を行うことで、利益を狙うことができます。

また、仮想通貨FXのしくみを利用することで、下落局面だとしても収益化のチャンスがあります。

ただし、投資をするときにはリスクが必ずあり、お金がマイナスになってしまう可能性があることは念頭に置いておきましょう。

2.送金・決済

仮想通貨は、さまざまな決済に使うことができます。

仮想通貨で決済ができる店舗やwebサイトなどであれば、仮想通貨で買い物などが行えます。

また、割安な手数料で仮想通貨を海外送金することができます。

3.分散型アプリケーション開発

仮想通貨は分散型アプリケーション開発として用いられることがあります。

まとめ

ここで紹介した内容は、仮想通貨の基礎的な知識です。

どのようなものなのかを知らないという人は、法定通貨との違いなどを明確に理解しておいた方が良いでしょう。

また、仮想通貨を投資対象として取引をしようと考えている人でも、基礎的な点は抑えておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA