仮想通貨のひとつ「イーサリアム」ってなに?

仮想通貨の中で最も有名なのが「ビットコイン」ですが、仮想通貨にはさまざまな種類が存在します。

ビットコインの他にも有名な通貨は存在し、その中のひとつに「イーサリアム」という通貨があります。

仮想通貨のすべてが同じしくみというわけではなく、それぞれに特徴があります。

ここでは、「イーサリアム」の特徴と歴史について解説していきます。

イーサリアムとは

イーサリアムとは、分散型アプリケーション「DApps」の開発プラットフォームであり、「スマートコントラクト」という取引や契約を自動化するプログラムを導入しています。

イーサリアムという言葉は、イーサリアムプロジェクトの総称のことで、このプロジェクトの中で利用されている内部通貨のことを「イーサ(ETH:Ether)」と呼びます。

つまり、勘違いされがちなことですが、取引所で買うことができる仮想通貨は「イーサ」のことであり、イーサリアムではありません。

内部通貨イーサ

内部通貨イーサは、通貨としての利用方法以外にも、「Gas」というスマートコントラクトを実行するための手数料としても使われています。

「Gas」は、需要によって値段が変動する「GasPrice」と、マイナーに支払われる「GasFee」によって算出されます。

また、イーサは2020年現在でも発行上限が設定されていません。

イーサの特徴のメジャーなものとして、「コンセンサスアルゴリズム」という特徴あります。

イーサは、主な仮想通貨と同様のコンセンサスアルゴリズムである「PoW(Proof of Work:プルーフオブワーク)」を採用しています。

PoWは、電力消費が激しいという問題点があり、その対策として「PoS(Proof of Stake:プルーフオブステーク)」への移行を目指しています。

イーサリアムとスマートコントラスト

スマートコントラクトというシステムによって、さまざまな契約や取引が自動化し、今まで必要だった契約や取引の中での仲介者が必要なくなります。

また、スマートコントラクトは不正を防ぐという役割があります。

スマートコントラクトは、プログラムをブロックチェーンに書き込むため、情報の改ざんを防ぐことができます。

スマートコントラクトは、多くのDAppsの構築に使われており、中央管理者が存在しないゲームや分散型取引所)、予測市場などが存在しています。

スマートコントラストの利用が考えられる分野とは

スマートコントラクトによって、今まで行われていた契約や取引を効率化することができます。

また、取引履歴の改ざんを防止するしくみがあることから、金融・証券分野、生活・産業分野での転用が前向きに検討されています。

金融・証券分野では、野村證券、SBI証券、などが実証実験を行っています。

スマートコントラクトを活用している金融のプラットフォームに「Corda」というものがあります。

これには、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクをはじめ、アメリカのゴールドマンサックスやJPモルガン、またスイスのUBSが参加しています。

各金融機関で同じ台帳を保持、参照することによって今までの契約に発生していたコストの削減をすることを目指しています。

生活・産業分野では、クレジットカード会社の大手である「VISA」とクラウド型の電子署名サービスを提供している「DocuSign」が、自動車リースに関する概念実証を試みています。

実験内容は、自動車のリースの過程に販売員がいなくても契約できるようになり、さらに契約者と車両情報を基に保険契約の案内をするなど、契約にかかってくるコストを最小限に抑えたレンタカー・カーシェアリングができる可能性についての実験です。

ここで取り上げた以外の業界においても、さまざまな契約を有する法律や不動産分野、音楽や書籍などのデジタルコンテンツ分野などにおいてもスマートコントラクトの活用が検討されています。

イーサリアムの歴史

ここからは、イーサリアムの歴史について解説していきます。

・2013年11月:ホワイトペーパーが発表

イーサリアムは、当時19歳だった「ヴィタリック・ブテリン」によって考案されました。

ヴィタリックが作ったホワイトペーパーには、イーサリアムプロジェクトの内容や技術についての説明が書かれています。

プロジェクトの目的はブロックチェーンを使った分散型アプリケーション(DApps)の開発を簡単にするプラットフォームを構築することだと発表されました。

・2014年7月:イーサリアムのICOが実施

イーサリアムのICOは、実施してから2週間後に5,000万以上のイーサが販売されました。

その結果、25,000BTCを超える資金の調達に成功しました。

セールが終わったときには、イーサの販売総額は31,529BTC(約1,500米ドル)となりました。

・2015年5月:テスト環境にリリース

イーサが、一般公開される前に、テスト環境である「Ropsten」にリリースされました。

これは、仮想通貨を開発するときに広く使われているテストネットのうちのひとつで、この環境では、イーサの受け渡しはできても、マイニングを行うことはできず、取引の開始もされていません。

・2015年7月〜8月:フロンティアアップデート

フロンティアアップデートによって、イーサが一般のネット上に公開されることとなりました。

このときは、マイニングや資金移動、契約作成、トランザクションはできましたが、ブロックチェーンには記録されませんでした。

このときは開発者がバグを修正する実験段階であり、あえて情報の改ざん耐性の高いブロックチェーンに記録せずに、バグが発生したときには、そのバグが起きた前まで巻き戻すことができる状態となっていました。

・2016年3月:ホームステッドアップデート

フロンティアアップデートのときのバグの改善が行われ、ブロックチェーンへの記録がスタートし、イーサリアムが本格的に始動し始めました。

このタイミングで、多くの企業と開発者がプロジェクトに参入しました。

多くの参加者が開発をスタートしたことによって、それまでに問題視されていたブロックチェーンの分岐を防ぐ技術やディフィカルティを自動調節するプログラムが加わりました。

その一方で、スマートコントラクトを利用するときにかかる手数料(GAS)が増えました。

・2016年4月〜5月:TheDAOのICOが実施

TheDAOとは、スマートコントラクト技術を基に中央管理者が存在しない自律分散型の投資ファンドを作りあげるプロジェクトです。

1億3232万ドル相当(約7,620,000ETH)という、当時のイーサの発行総量の約1/10を集めた大規模なICOでした。

TheDAOは、投資家がトークンを買ったときのお金を基にファンドが組成され、投資で得た利益がトークンを買った人に分配されます。

このファンドは、トークンを買った人が保有している数に応じて、投資の可否を決める投票権を有していました。

・2016年6月:TheDAO事件

TheDAO事件とは、TheDAOのシステムの弱点を突かれ、約8000万米ドルのイーサが盗まれたという事件です。

この事件をきっかけに、2016年7月20日にイーサリアムは、新たにブロックチェーンを分岐させることで誕生したイーサリアムと、分岐する前のブロックチェーンを使い続けるイーサリアムクラシックのふたつに分岐しました。

・2017年10月16日:メトロポリスビザンチウムアップデート

このときに、スマートコントラクト機能が一般の利用者でも利用できるようになりました。

このアップデートにより、「zk-SNARKs」という技術が採用され、第三者から契約内容がチェックできなくなりました。

まとめ

仮想通貨のひとつであるイーサリアム。

多くの人は、イーサリアムが通貨だと思っていますが、実際はイーサという通貨であることがこの記事で理解できたと思います。

今では、さまざまな仮想通貨が存在し、それぞれに特徴があります。

さまざまな仮想通貨の特徴を知ることも、仮想通貨投資をするときにはとても大切なこととなります。

特徴を抑え、どの仮想通貨に投資をするのかを検討するようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA