スマートコントラクトの課題とは

イーサリアムの仕組みのひとつである「スマートコントラクト」。

信頼性の担保ができることや取引データの透明性、コスト削減といったメリットがありますが、そんなメリットがあるスマートコントラクトにも課題とされていることがあります。

ここでは、スマートコントラクトの課題とスマートコントラクトが描く未来について解説していきます。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンの技術を基に、さまざまな分野においての契約を自動化したものです。

通常の電子契約とは、契約が成立するまでの手続きや、契約書を結ぶ一連の好意を電子化することを指します。

一方で、スマートコントラクトは、契約の履行をプログラムを基に自動化します。

スマートコントラクトは、自動販売機を例としてよく挙げられます。

お金を指導販売機に入れて、欲しい商品のボタンを押すことでその商品を得ることができます。

つまり自動販売機は、売買契約書を締結していなくても、販売機が自動的に契約を履行したということです。

この自動化をブロックチェーン上で実現することにより、改ざん防止の取引記録が残り、契約と取引の正当性を誰でもチェックすることができます。

自動化されているため、契約の履行によるコストの削減も期待できます。

スマートコントラクトが抱える課題とは

では、スマートコントラクトが抱える2つ課題についてお話していきます。

法的課題

技術革新が進むことで問題視されるのが、既存の法律との関係性です。

スマートコントラクトは、仮想通貨のブロックチェーンを用いたサービスであるため、仮想通貨の課題とされている改正資金決済法と衝突することとなります。

画期的な仕組みではありますが、契約を自動で行うという法律に関わる行為を行うため、今後改正資金決済法以外の法律とも衝突する可能性があります。

プライバシー問題

スマートコントラクトは透明性が高いというメリットがある反面、契約者の情報や契約内容の透明性が高いと、個人を特定されるリスクが伴います。

とは言っても、簡単に取引者と個人を結びつけることは難しく、大きな問題ではないかもしれませんが、個人情報が流出してしまうことで、ユーザーからの信頼を失うリスクがあります。

スマートコントラクトが描く未来

スマートコントラクトは、事前に契約内容とイベント発生条件を定義していれば、自動的に多くの契約を実行します。

この仕組みは汎用性がとても高く、さまざまな分野で応用ができます。

例えば、金融業界はブロックチェーンや契約と最も密接に関係している業界です。

従来の契約は、管理者が存在する主に中央集権的な制度を取り、金融機関が金融取引の信頼性を保証していました。

お金が関わる金融業界は、何よりも信頼性が重要であり、信用がなければ成り立たない世界です。

そのため、ブロックチェーン技術を基に作られたスマートコントラクトとは相性が抜群なのです。

これから先、スマートコントラクト技術の実用化が進むことで、分散型のデジタル通貨での取引、仲介者が存在しない金融サービスが増えることが考えられ、金融業界がガラッと変わっていく可能性を秘めています。

金融業界以外では、不動産、シェアリングエコノミー、IoTなどの契約を必要とする取引全体に対してスマートコントラクトが活用されることが考えられ、スマートコントラクトへ注目が集まっています。

まとめ

スマートコントラクトに関する課題と描いている未来について解説してきました。

将来的にも注目がされているスマートコントラクトの特徴については最低限理解しておくと良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA