「XRP Ledger」の仕組みと課題とは

XRP Ledgerとは

「XRP Ledger」とは、P2Pサーバーのネットワーク機能を持っている分散型の暗号台帳のことです。

「XRP Ledger」は、リップルの土台であり、世界中で使われている数々の通貨の橋渡し(ブリッジ通貨)をすることを目的として設計されたデジタル資産です。

リップル社は、XRP Ledgerの開発を進め、「価値のインターネット(お金が移動する世界)」を実現するための役割を担っているリップル(XRP)を推進しています。

リップルは、「XRP Ledger」固有のデジタル資産のことで、暗号鍵を持っており、ネットに接続可能な人は誰でもリップルを受け取って保持することができ、任意の人に送ることが可能です。

そういった点において、リップルは他の通貨の取引を行う上で魅力的なブリッジ通貨と言えます。

XRP Ledgerの仕組み

「XRP Ledger」の前に開発された「RCL(Ripple Consensus Ledger:リップルコンセンサスレジャー)」は、リップルを使った債権の決済を効率化するための決済システムとして開発されました。

RCLでは、債券の価値が無くなってしまっても、現物資産であるリップルを保有することで、カウンターパーティーリスクを回避することができます。

RCLの場合、仕組み的に口座間の送金額が可視化され、リップル社がターゲットとしている金融機関のコンプライアンスに触れてしまうため、その点を改善させるために開発されたのが「XRP Ledger」だったのです。

一方「XRP Ledger」では、暗号エスクロー機能が実施されており、取引の仲介を自動で行ってくれます。

お金を直接相手に振り込まず、コネクターというリップルネットワーク内で流動性プロバイダーの役割を担っているところを仲介してお金の送金がされます。

「XRP Ledger」は、各金融機関の台帳をそのまま利用することができ、送金先や送金元を隠すように開発されており、今では中央銀行を含む金融機関や送金プロバイダーとの提携が進行しています。

XRP Ledgerの課題

「XRP Ledger」は、信頼されるいくつもの企業がノードとなりますが、特定の企業に権力が集まることによって悪意のあるノードに取引を操作されてしまう危険性があります。

承認者のリストである「UNL(Unique Node List:ユニーク・ノード・リスト)」の数を増やしつつ、UNL内で結託されないように分散化を促すことが求められ、そのために第三者によって認められたUNLを2つ追加する度に、リップル社が指定したUNLを1つ除くという仕組みとなっています。

また、他にも分散化に向けた取り組みをしており、リップル社が発表した「Cobalt(コバルト)」によって、今まで80%以上のバリデータの承認が必要だったプロセスを60%に抑え、ネットワークの健全性をカンタンに分析できるような取り組みをしています。

まとめ

リップルを知るうえで「XRP Ledger」の概要は知っておくと良いでしょう。

アルトコインの中でも代表的な通貨であるリップルを保有しようと考えている人も多いと考えられるため、通貨を保有する以上は、その通貨の特徴や仕組み、課題などを理解しておくと良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA