日本の5種類の社会保険制度とは?

国民の生活を保障することを目的とし、万が一の事故に備えるための公的な保険制度が社会保険です。

一言で社会保険と言っても、いくつかの制度で構成されており、あまり理解できていない人も多いことでしょう。

しかし、日本人として日本で生活をしていくのであれば、それぞれの制度の加入要件などを正しく把握しておく必要があります。

そこでここでは、日本の5種類の社会保険制度について解説してきます。

社会保険制度とは?

社会保険とは、5種類の保険制度の総称です。

  1. 医療保険
  2. 年金保険
  3. 介護保険
  4. 雇用保険
  5. 労災保険

公的な費用を負担することによって、被保険者や被扶養者が、疾病、高齢、介護、失業、労働災害などのリスクに備えるための制度となっています。

その中でも、主に会社員を対象としている「健康保険(医療保険)」と「厚生年金保険(年金保険)」の2つのことを狭い意味で社会保険と呼んでいます。

社会保険制度の目的

社会保険は社会保障のひとつであり、生活の中に隠されているさまざまなリスクに備えるために存在しています。

さまざまなリスクとは、病気、怪我、高齢、介護、失業、労働災害などを指します。

民間の生命保険や損害保険と異なる点は、一定の要件に該当している国民であれば社会保険に加入可能です。

「相互扶助」を理念としており、国民がお互いに助け合うために多くの国民が加入し、母集団を作っています。

日本の5種類の社会保険制度とは?

では、5種類の社会保険について解説していきます。

医療保険

健康保険・・・会社員などの医療費を保障

船員保険・・・船員の医療費を保障

共済組合・・・公務員、教職員の医療費を保障

国民健康保険・・・自営業者、専業主婦など(上記以外)の医療費を保障

後期高齢者医療制度・・・75歳以上および65歳~74歳で一定の障害状態にある人

退職者医療制度(平成20年4月の法改正によって廃止)・・・会社や役所を退職して国民健康保険に加入した人のうち、共済年金や厚生年金などを受給している65歳未満の人と、その被扶養者の医療費を保障(経過措置として、平成26年度までの間は65歳未満の退職被保険者が65歳に達するまで存続)。

年金保険

国民年金・・・日本国内に住む20歳~60歳未満の人すべてが加入する年金制度(上限年齢を超えても受給資格期間を満たしていないケースなどでは、一定の条件を満たしていれば任意加入することが可能)。

厚生年金・・・厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する人、または公務員の人が加入する年金制度(加入上限年齢は原則70歳、下限年齢なし)。

介護保険

介護保険・・・65歳以上の人、または40~64歳で特定疾病に該当する病気で要介護度の認定を受けた人が、給付やサービスを受けられる

雇用保険

雇用保険・・・労働者の失業時に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給

労災保険

労働者災害補償保険(労災保険)・・・業務上または通勤中の災害によって、労働者が「負傷・疾病・障害」の状態に陥ったとき、または死亡に対して被災労働者または遺族に所定の保険給付を行う制度

世界で初の社会保険とは?

社会保障は、政府が国民の最低限の生活を保障する仕組みとして作られました。

社会保障は、1601年にイギリスのエリザベス救貧法が作られたことが始まりです。

これが、世界初の公的扶助と言われています。

しかし、この時代は絶対王政の時代であり、近代的な公的扶助とは言えないものでした。

近代的な社会保障が初めて作られたのは、1880年代のドイツです。

ビスマルクの「あめとむち政策」によって、1878年に社会主義者鎮圧法が制定、1883年に疾病保険法、1884年に労働者災害保険法、1889年に廃疾・養老保険法といった世界で最初の社会保険制度が作られました。

1911年にイギリスで国民保険法が作られ、これが世界で最初の失業保険となりました。

その後、1935年にアメリカのニューディール政策によって、社会保険と公的扶助を合体させた社会保障法が制定されました。

まとめ

ここで解説した社会保障は、概要の部分であり、基礎中の基礎です。

それぞれの保険制度には、もっと細かく理解すべきポイントがあります。

さらに学びを深めたいという人は、それぞれの社会保険について調べてみると良いでしょう。

日本で生活をしている以上、最低限社会保障についての知識を身に付けておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA