子どもの育児に役立つ「育児休業給付金」とは

あなたは育児休業給付金という制度を知っていますか?

この制度は、子育てのときに会社を休む「育休」のときに受け取ることができる制度です。

実際に子どもが産まれたものの、この制度を受けるためにはどうした良いのか、また受け取れる給付金はいくらぐらいなのかが分からなければ、受け取れるものも受け取れません。

そこで今回は、育児休業給付金について、受け取れる条件、期間、給付金の額について解説をしていきます。

育児休業給付金とは?

育休とは、子どもを育てるときに従業員が取得することができる休みの期間のことで、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」という育児介護休業法で定められています。

出産前の6週間から出産した後の8週間は産休を取得できます。

これは、労働基準法で定められており、それに併せて産休後に休業を得ることが認められています。

育休は、子どもを育てる従業員であれば男女問わず取得できます。

子どもは、実子だけではなく、特別養子縁組の養子も含まれています。

妻が専業主婦として育児に専念できる環境下であっても、夫が育休を取ることもできます。

育児休業給付金の取得条件

ここからは、育児休業給付金を受け取るための条件をご紹介します。

以下の条件を満たしていなければ給付金を受け取れません。

また、以下の条件さえ満たしていれば、パートや契約社員の人でも育児休業給付金を受け取ることが可能です。

・1歳未満の子どもがいる

給付金の申請が出せるのは、生後1歳未満の子どもがいる間のみです。

支給期間を延長するときには、1歳6か月または2歳まで延長可能です。

・雇用保険に加入している

雇用保険に加入していなければ育児休業給付金を受け取ることができません。

つまり、自営業の人は受給資格がないということです。

・育休前2年間に1ヶ月11日以上勤務した月が12カ月以上

基本的に正社員の人であれば、この条件は自然と満たしていることでしょう。

この条件外になる人は、パートや契約社員の人です。

いざ子どもが産まれてから、この条件を満たそうとしても非常に困難なため、事前に子どもを出産する予定がある人は、この条件を満たせるように働いておくと良いでしょう。

・育児休業期間中に1ヶ月の賃金の8割以上を貰っていない

毎月の給与を20万円貰っていた人が、育児休業中に毎月16万円以上の支払いを受けていた場合、この条件外となってしまいます。

・育児休業期間中の就業日数が各1ヶ月に10日以下

簡単に言うと、育休中に1ヶ月10日以上働いてはならないということです。

育児休業給付金を受けられる期間

育休は、子どもが1歳になる前に取得しなければなりません。

また、保育園に申し込みをしているものの、入所ができない状況に置かれている場合、また一定の条件を満たした場合には、1歳6カ月まで育休を延長することが可能です。

さらに、平成29年10月以降、再度申請を行うことにより、最長2歳まで育休を延長できるようになりました。

育児休業給付金を受けている間の給料は?

育休期間中は、就業規則などに特別な規程がなければ無給となります。

そのため、育児休業給付金を受け取ることで、毎月収入を得ることができます。

また、給付金を受給している間は、健康保険や厚生年金保険は被保険者の扱いのまま保険料が免除されます。

人によっては、育休を取ることによって解雇されてしまうのではないかと不安な人もいることでしょう。

この点においては、雇用者は従業員が育休を取ったことを理由に、解雇やその他の不利益な扱いをしてはいけないと法律で定められています。

そのため、育休が明けて復職を求めている従業員がいたとき、それを理由とする解雇は認められず、不当な解雇は無効となります。

1ヶ月あたりに受け取れる支給額は、労働者が貰っていた資金の67%、育児休業開始から6ヶ月経過後は50%となっています。

このパーセントは、「育児休業開始時賃金日額」にかかってきます。

これは、事業主が提出する「休業開始時賃金月額証明書」に記載されている金額の休業開始前6ヶ月の賃金を180(6ヶ月×30日)で割った金額となります。

その日額と育児休業を取った日数に67%をかけた金額が1ヶ月の給付金です。

仮に直近6ヶ月の月平均が20万円だった場合

20万×0.67=13万4000円

6ヶ月経過後

20万×0.5=10万円

という計算となります。

育休を受け取ろう

育児休業給付金を受け取れる条件を満たしている人は、必ず受け取るようにしましょう。

子どもが産まれた以降は、さまざまなことにお金がかかってきます。

少しでも家計の支えになる給付金を受け取り、子どもの教育に十分な時間を使えるように環境を整えると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA