㉖【融資】・【借金】・【出資】の違いとは

お金に関わる【融資】・【借金】・【出資】の3つの言葉があります。

この言葉は、お金の知識を身に付けようと考えている人が勉強するときに必ず耳にする言葉たちです。

また、会社を設立しようと考えている人や資産形成をしようとしている人、投資をしようとしている人などは必ずこの3つを理解しておく必要があります。

この基本的な言葉を理解するために、それぞれの言葉の意味とそれぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

融資とは

融資とは、個人や法人が行いたいと考えている行動や目的に対して、銀行や信用金庫などがそのためのお金を貸すことを意味します。

個人であれば、住宅ローンや車のローンなどで、法人でいえば、会社設立のためのお金や新事業の立ち上げなどにかかるお金やそのための運転資金が必要なときに、資金調達の手段のひとつとして【融資】をします。

このことから、融資は事業のためや家を買うためなどというような、明確な使用用途や返済計画が決まっているものに対して行います。

逆に言えば、なにに使うのかが判明していないことや返済の見込みが立たないようなことに対しては融資はしてくれません。

しっかりとした審査はありますが、それは貸す相手が信用できる相手であるのかを確かめるために必要なことなので、事前に審査があることは理解しておきましょう。

メリット

メリットは3つあります。

1.長期的な経営が可能になる

創業する時は、融資があれば自己負担を減らすことが可能です。

自分で貯めていた手元のお金を使わずに持っておけます。

お金があると安心できますが、逆にあまりお金に余裕がないと、心も焦り始めます。

事業をやっていく中で、その焦りは非常に危険なことですが、お金に余裕があるば、目先の利益だけではなく、長期的な視点で計画を立てやすくなります。

2.事業の展開のスピードが上がる

事業を行っていくにあたり、さまざまな資金を必要とします。

設備投資や人材投資などのお金を融資によって補えるので、利益が出ることを待たずして、すぐにでも事業を展開できます。

新しく会社を立てるときにも資金が必要になりますが、その必要なお金を時間をかけて貯めるよりも早く、資金を集めることができるため、稼げるタイミングを逃さずに済みます。

また、公的な金融機関では、新たらしく事業を始める人、起業してすぐの人を対象にした融資制度などもあります。

3.低金利

融資を受けても、その金利が高く、返すことが大変になってしまうのはあまり望ましくないですよね。

しかし、事業のための融資は、一般的な借金と比べ、金利が低く設定されます。

金融機関によってその金利は変わりますが、消費者金融ではだいたい10~15%程度ですが、公的な金融機関では0.3~3%なのです。

デメリット

つぎに、2つのデメリットをご紹介します。

1.返済の義務がある

融資は、借り入れをする行為であるため、かかる金利分を合わせた金額を返済します。

また、返済の方法には2種類あります。

期日一括返済と分割返済です。

期日が来たら、全額を一括で返済するか、月に数万円というように、分割をして返済していくかどうかです。

2.審査が厳しい

先ほど審査があると言いましたが、その審査が通常の借金と比べて厳しい面があります。

年収の低い個人や起業したての企業などは信用が低く、銀行が融資を断ったり、希望額を出してくれない場合があります。

また、信用が低い場合には、担保となるものがあれば信用を高めることができますが、土地や物件などを持っていることは少ないので、どうしても信用を上げておきたいときには、保証人を用意する場合もあります。

借金とは

これは、お金を借りることや借りたお金のことです。

人が人に借りる、人が法人から借りる、法人が法人から借りるなどさまざまあります。

主には、消費のためにする借り入れを借金と呼ぶ認識を持っておくと良いでしょう。

消費とは、主に生活のために必要となるお金を使う行動のことを言います。

生活費、携帯代、交通費などのことです。

融資と同じように、同じ借り入れではありますが、資産を生み出すことのできる借入なのか、それともなにも生み出すことのない借入なのかで借金かそうではないかが判断でき、後者のような場合を借金と呼びます。

メリット

メリットは、比較的簡単に審査が通り、即日などすぐに借り入れができることです。

少しの金額をすぐにキャッシュでほしい、という人にはメリットがあると言えます。

デメリット

簡単に借りることができてしまうため、返済計画が立たないまま借金を重ねてしまうデメリットがあります。

返済ができずに滞納をしてしまうと信用情報に傷がつき、今後クレジットカードや住宅ローンなどの審査が通りにくくなります。

また、典型的な悪い借金は、ギャンブルや浪費のために借りてしまうことです。

出資とは

出資とは、投資家などが株券などと引き換えに資金を出すことです。

援助をしてもらうので、返済をする必要がなくなります。

出資する人は、その企業が売り上げが上がったときに配当金やや株主総会で経営に参加することができます。

メリット

1.返済の義務がない

投資家から援助を受けることになるので、返済の義務はありません。

また、会社が倒産してしまっても多額の借金を背負うことはほとんどありません。

2.成長を手助けしてもらえる

売り上げをどんどんと上げていければ、株価も良い方向に変動していきます。

投資をした人からすれば、企業の成長は嬉しいことなので、情報提供や業務提携などの支援をしてくれます。

デメリット

1.第三者に経営を握られる

投資をした人は、株式を保有することで、株主総会に参加することができます。

仮に1人の投資家が資本を50%分出資していた場合、社長と投資家の出資比率が1:1となると、会社法上は投資家と社長が同等の権利を得ます。

2.業績が上がるとコストが大きくなる

収益が上がると投資家に配当金を渡すこととなります。

業績の良し悪しで渡す配当の金額は変わり、良ければ良いほど、支払いのコストが大きくなります。

コストがあまりかからないからと、出資を選んだ結果、後に融資よりもコストがかかることもあります。

3つの違いを理解する

3つの言葉を理解し、いざあなたが資金を必要とするときに、どの手段と目的でお金を集めるのかが決まってくるかと思います。

また、資産形成をする、運用をしたいと考えている人も、金利のことを考えたり、必要な金額を考えたりなど、事前にその辺りの準備は整えていきましょう。

まとまったお金が必要な場合に、間違った認識ではなく、正しい認識を持ってお金を集めていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA