㉘クラウドファンディングのやり方とさまざまな事例たち

「なにか新しいことをやってみたい」と思ったときの資金調達の方法として存在する「クラウドファンディング」という手法は、事業家にとっても資金がない人にとっても魅力的なしくみと言えます。

以前、クラウドファンディングについての歴史や種類、メリット・デメリットについてご紹介しました。

基本的なところは、その記事を参考にしてみてください。

では今回は、クラウドファンディングのやり方とその手順を知っていきましょう。

また、さまざまな事例をご紹介するとともに、実際にクラウドファンディングが成功したものには、どんなものがあるのかを知り、誰にでも可能性があることを認識しましょう。

クラウドファンディングのやり方と手順

クラウドファンディングができるサイトはいくつか存在しますが、どのサイトも基本的には同じ流れでできます。

簡単に手順をまとめるとこうなります。

目標を設定
⇓
利用するサービスを決める
⇓
登録・投稿
⇓
審査
⇓
開始
⇓
閲覧者や支援者へ活動報告
⇓
プロジェクト終了と支援者へお礼

・目標を設定

1番最初にやるべきことは、目標を決めることです。

なにがやりたいのかが決まっていないとなにも始まりません。

やりたいことが決まった後は、それがどんな役に立ち、いつまでにいくら集めるのかを設定します。

計画が明確ではないと、銀行が融資をしないのと同じで、クラウドファンディングでも目標の設定は重要なのです。

・利用するサービスを決める

つぎに、どのサービスを使うのかを決めていきましょう。

国内でクラウドファンディングができるサイトは、「レディーフォー」、「マクアケ」、「キャンプファイアー」などいくつかのサービスがあります。

サイトの違いは、得意な分野や手数料などにあらわれます。

・登録・投稿

ここまで準備ができたら、サイトに登録し、プロジェクトへの熱意を込めた文章を作成し、投稿します。

サイト内で記載する項目は、タイトル・カテゴリー・目標金額・大まかな流れ・サムネイル画像・リターン・連絡先などです。

また、熱意を伝えやすいように、PR動画を作るとより良いでしょう。

また、なぜそのプロジェクトを成功させたいのかを書いていくときに、共感を得られやすい文を意識して書くと良いでしょう。

応援をしてもらう必要があるため、「私もそう思う」、「これなら応援したい」と思ってもらうことが成功のコツでもあります。

・審査

投稿をするタイミングで、運営側がプロジェクトの実行の見通しが立つかどうかを審査します。

当たり前ですが、投稿の内容が社会的に問題になるものや犯罪に加担するものなどは審査が通りません。

審査で通った後に、運営側(プロの視点)からアドバイスや提案をしてくれることがあります。

運営側の人と良好な関係を築いていくことも、成功の近道かもしれません。

・開始

審査が通ったあとは、資金集めがスタートします。

ここで大切なのは、あらかじめ期限から逆算し、1日当たりの集めるべき金額を知っておくことです。

1日に必要な金額が集まっていなければ、自らSNSなどで拡散し、周りに協力を呼び掛けていき、閲覧者を増やすなどの対策をしていくと良いでしょう。

・閲覧者や支援者へ活動報告

あなたが仮に、お金を出す側であったら、そのお金がどのように使われているのか気になりますよね。

つまり、逐一支援者に活動報告を続けなくてはいけません。

また、1度そのプロジェクトを見たが、寄付をするか悩んでいる人がいます。

その人たちの心を動かせるためにも、経過報告が大切です。

たとえば、「あといくらで達成できます!」、「すでにこれだけの人に支援してもらっています」などの途中経過を知らせることで、プロジェクトに支援している人同士で良い連帯感が生まれたりします。

・プロジェクト終了と支援者へお礼

プロジェクトが達成したら、運営側から手数料を引かれた分が口座に入金されます。

また、達成できなかったときは、お金は支援者に返金され、終了となります。

終了した後は、達成しても達成しなくても、お礼文メールや手紙を書くことが大切です。

プロジェクトを達成したあとは、その事業の進捗の様子をブログやHPなどで公開することで、支援者から喜んでもらえます。

出資をする人たちは、「見返り」よりも、そのプロジェクトが実現し、社会的、個人的に影響を与えるものみなっているのかどうかを楽しみにしている人が多くいます。

そのため、行く末が気になるのです。

最後までその行く末を見届けられるようにすることで、支援者から長い間見守ってもらえます。

知っておきたい注意点

つぎに、注意点をしっかり押さえておきましょう。

入金までに時間がかかる

先の手順を見て感じた人もいるかと思いますが、資金が入金されるまでには時間がかかります。

プロジェクトが完了してから入金されるため、それまでの時間と完了してからの時間が必要です。

また、すぐに資金が欲しい人は、融資や出資などの別の手段を考えるといいでしょう。

信用を落とす可能性がある

基本的には、募集ページに書いてある内容の通りに実行していくことが前提として資金集めるため、プロジェクトの途中で、それが止まってしまったときに、社会的な信用を落とす可能性があります。

そうならないように、あらかじめ法律面の確認や実現可能な範囲であるかを確かめてから立ち上げることを心がけましょう。

アイデアが盗まれる

まだ販売していない商品やアイデアをネット場に公開するため、アイデアをそのまま他人に盗まれてしまう可能性があります。

イスラエルの起業家が、スマホケース付き自撮り棒を開発し、クラウドファンディングで400万円を集めました。

するとその1週間後、中国のネットショップに類似品が販売されたという事案がありました。

結果的には成功を収めましたが、それは商品の品質が高かったおかげでもあります。

しかしながら、売上に多少なりとも影響はあったはずでしょう。

さまざまな事例たち

最後に、カンタンに今までにあった事例たちをいくつか紹介していきます。

事例から学べることも多くありますが、それについてはまた別の記事でお話します。

比較的有名なのが、アニメ映画作品の「この世界の片隅に」です。

映画で言えば、空前の大ヒットとなった「カメラを止めるな」、またラジオ局が作った「Hint(ヒント)」というラジオの音声を聞き取りやすくした商品を作ったり、医療関係でいえば「ピロリ菌検査キット」というものを作るというプロジェクトを予防医療普及委員会が行い、堀江貴文やインフルエンサーがこの委員会にいたこともあり、成功を収めました。

このように、さまざまな事例があり、また中では、自作映画を作りたいという思いを持つ人たちが小規模のプロジェクトを成功させている事例もいくつか存在するようです。

何かをしたいならまずは行動!

あなたが心に秘めている、「これやってみたいな」という小さな思いを実現可能にするのがクラウドファンディングです。

「どうせだれも応援してくれないから」と諦めてしまうのではなく、なにかをやってみたいのであれば、まずは行動をしてみても面白いと思います。

結果的に、資金が集まりきらなかったとしても、その経験から学べることは多いでしょう。

何事にも言えることですが、「まずは行動!」これが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA