㉛投資信託とはなにか|特徴としくみ

資産運用の選択肢のひとつとして、投資信託があります。

私の周りの人に投資信託を知っているかと聞いてみると、よく返ってくる答えが「銀行でおススメされ、説明を受けたがあまりよくわからなかった」という答えでした。

比較的、リスクを抑えてできる投資対象として存在しています。

「まだ投資をしたことがない」という人は、最初はリスクの低いものから取り入れたいと考える場合が多いでしょう。

そのため、この投資のしくみや特徴を理解し、取り入れるかどうかを自分で検討できるようになっていた方が良いでしょう。

そこで今回は、投資信託の特徴としくみ、メリット・デメリットについて解説していきます。

投資信託とは

投資信託は、ファンドと呼ぶこともあります。

カンタンにいうと、複数の人からお金を集めてひとつとし、そのお金をプロが運用する商品のことです。

そのプロが運用した成果によって、それぞれの人が投資した金額に応じた分配が変わってきます。

投資信託ごとに運用の方針は違い、その方針を元に、プロがどこに投資をしていくのかを決めていきます。

運用の成果は、その市場の環境などによって変わってきます。

運用がうまくいけばプラスになりますが、うまくいかなければ投資した金額を下回り、マイナスになってしまう可能性もあります。

またこの投資は、元本は保証されていません。

ここに関しては、銀行の預金などとは違います。

また、投資信託を理解する上で、理解しておくべき専門用語があります。

それが【基準価格】と【分配金】です。

基準価格

これは、取引きするときの単位を1口と呼び、その1口あたりの値段のことを意味します。

たとえば、運用をスタートするときに1口を100円で購入した場合、その100円が運用の成果次第で変化します。

基準価格は、算式を使って求めることができます。

純資産総額という、配当金などの収入から必要コストを引いた金額を総口数で割ることで、1口あたりの基準価額を求めることができます。

分配金

この投資での利益の上げ方は、購入したときよりも基準価額が高くなっていれる場合と『分配金』という、決算のときにもらうことのできる2つのパターンがあります。

分配金は、運用から得ることができた収益を、持っている口数に応じて投資してくれた人に分配をするものです。

また、これは信託財産から支払われます。

そのため、分配金が支払われることで、純資産総額や基準価額は下がります。

支払われるときの方針は、それぞれ商品によって変わります。

また、その頻度についてもそれぞれ違います。

毎月のものもあれば、年に1回だけのものもあります。

またその金額も、決算の内容や方針により変化し、状況次第では支払われない場合もあることを予め理解しておきましょう。

投資信託のしくみ

つぎに、しくみについてご紹介します。

投資信託は、主に3つの会社から運営されています。

安全性を守るために、それぞれの会社は役割を果たす必要があります。

仮に、この中の1つの会社の経営が破綻したとしても、預けたお金は守られるようなしくみとなっています。

投資信託を購入するときは、投資家と投資信託をつなぐ窓口、また口座開設や情報提供を行ってくれる販売会社(証券・銀行)を経由し、つぎに運用方針を決定してくれる運用会社を経由し、お金の保管や管理をしてくれる受託銀行が最終的に投資をしてくれる流れとなっています。

それぞれの会社についてもカンタンに触れておきます。

・販売会社

まずは、投資信託を購入する場合は、販売会社にて口座を開設する必要があります。

主に、証券や銀行などの金融機関で行うことができます。

この会社の役割は、購入代金の支払い、分配金の受け取りなど、お金に関するやり取りの窓口となっています。

また、情報を提供してくれたり、お金がどのくらい増減しているのかという運用状況を教えてくれます。

・運用会社

主に運用方針を決めるのがこの会社の役割です。

どんな内容の投資信託を作るのかを企画し、明確にどの投資対象にいくらぐらいの金額を投じるのかを決めます。

これは、ファンドマネージャーという投資のプロがメインとなり行います。

・受託銀行

主な役割は、運用会社が決めた方針を元に、お金を実際に投資することです。

受託銀行は、信託銀行が任されている場合が多いです。

また、財産の保管や管理をする重要な役割を持っています。

メリット・デメリット

つぎにメリット・デメリットについて説明していきます。

メリット

1.少額からできる

投資信託は、100円からできます。

株式投資などは、購入するときに企業の株価によって金額が変わるため、まとまったお金が必要な場合があります。

たとえば、どこかの会社の株が1株300円で、1000株から購入可能であった場合、その株式会社の株を買うためには、最低でも30万円が必要となります。

2.プロが運用してくれる

投資初心者の人からしたら、なにから始めて、どんな知識をつければいいのか分からずに、失敗してしまうケースが目立ちます。

しかし、投資信託であれば、運用のプロが変わりにやってくれるので、その辺の心配が必要なくなります。

3.分散投資ができる

あなたがもし、1つの会社だけに投資をしていた場合に、その企業が倒産してしまったり、株価が下がってしまうことで、お金がマイナスになってしまう可能性が出てきます。

しかし、投資信託はいくつかの銘柄に分けてお金を投げていくので、リスクを分散、軽減できます。

4.個人では投資しにくい国や地域などに投資ができる

投資信託は、さまざまな投資対象にお金を投げます。

たとえば、国内外の株価指数、株式、不動産、債券などです。

また、個人では中々投資することができない発展途上国の株式や債券などに投資することができます。

デメリット

1.コストがかかる

コストがかかるデメリットがあります。

運用をプロに任せる分、それに対しての手数料などの費用を払います。

費用には、販売買付手数料やファンドの管理費用、信託財産留保額があります。

販売買付手数料・・・購入するときに必要な手数料
ファンドの管理費用・・・運用にかかる費用
信託財産留保額・・・信託期間の途中で換金するときの証券売却にかかる費用

2.元本保証がない

もうひとつのデメリットは、元本保証がないということです。

銀行の預金は、預けた分が減ることはなく引き出すことができます。

しかし、投資信託は実績によって、マイナスになることもあります。

分散投資をするのにおススメ

投資の基本は分散投資です。

ひとつのものに投資をしていた場合、そのひとつがダメになってしまうと収入がガクッと減ってしまう可能性が出てきます。

これを避けるためにも、分散投資でリスクを減らしていく必要があります。

投資信託は、それが実現可能なものなので、初心者の人や分散を考えている人におすすめされています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA