起業家が知っておきたいインキュベーターとアクセラレータって?その違いとは

起業家であれば知っておきたいこととして、アクセラレータやインキュベーターというものが存在しています。

これはベンチャーキャピタルの中のもので、このようなプログラムや会社が近年で増えてきています。

起業をしたときに、すでに経営資産と呼べる、ヒト・モノ・カネ・情報を満足に持っている企業はあまりありません。

これが不足していると、企業の成長にも影響を与えてしまうため、この問題を解決していくことが大切になってきます。

そこで、力となってくれるのがアクセラレータであり、また似たような認識を持たれているインキュベーターというものがあります。

ここでは、そのふたつの特徴と共通点、また違いについて解説をしていきます。

それぞれの特徴と違い

まずは、ふたつの特徴を知っていきましょう。

このふたつの言葉は、似たような意味合いで使われることが多く、起業した直後の会社に対してハンズオン型という支援をしているという同じ特徴があります。

しかし、共通する特徴とは別にそれぞれ違った点や特徴があります。

それぞれ解説していきます。

インキュベーターとは?

これは、元の単語の意味としては、卵を孵化させる機械という意味を持っています。

これを起業と絡めて説明をすると、まだ始まって間もない状態のスタートアップ企業や、起業したばかりの会社を対象に、資金の援助や作業をする空間を提供、事務や経理といった経営の指導などさまざまなことをサポートするということです。

期間が決まっているわけではなく、より良いサービスができるために環境を整えることに重点を置いています。

ベンチャーキャピタルは、成長が期待できるスタートアップを見つけだして資金援助を行っていますが、インキュベーターは、良いスタートアップを自分たちで育成していき、失敗することのないように、成功に向けて手助けをするのです。

産まれたばかりの卵(企業)を一新することによって、孵化させることに重点を置いているため、政府機関や大企業などが前向きに出資や支援を行っていたりします。

アクセラレータとは?

これは、シード段階(起業の準備段階)を過ぎた企業の事業拡大にフォーカスした資金の投資やノウハウなどをサポートする組織です。

期間は短期的なもので、数週間から数ヶ月の間で、事業を急速に成長させる支援プログラムを提供しています。

ベンチャーキャピタルより少ない金額の投資を行い、スタートアップ企業の自由度を保ったまま支援をするという特徴があります。

しかし、日本にあるアクセラレータプログラムのほとんどは、投資が主な目的ではなく、協業をメインと考えていることが多いのです。

また、アクセラレーターは4つのタイプに分けられます。

どのタイプであっても、スタートップ企業にとっては、短期的に早いスピードで事業拡大への支援が受けられ、企業価値の向上や事業計画の成功率を上げることが狙えます。

ふたつの共通する特徴とは?

つぎに、ふたつの共通する特徴を箇条書きで4つご紹介します。

  1. 起業直後の会社にハンズオン型の支援を行っている
  2. 通常のベンチャーキャピタルよりも1社あたりの出資金額が少なく、同時に複数の会社に投資する場合が多い
  3. すでに成長しているベンチャー企業を探し、投資ではなく育成し成長させることが使命である
  4. 繋がりが広く、ビジネスネットワークやノウハウを学べる

ふたつの違いとは

さいごに、このふたつの違いを2つ挙げていきます。

  1. アクセラレーターは期限があるが、インキュベーターは期限がない
  2. インキュベーターはオフィスなどの働く施設の提供も兼ねていることがある

違いがあれど、どちらも企業が失敗をしないように積極的にサポートを行い、その企業の成功の確率を上げ、EXIT確率を下げる取り組みをしています。

起業家であれば知っておこう

起業家であれば、このふたつの特徴と違いを知っておくと良いでしょう。

知っていることで、起業した後、またはするときに利用をする選択肢に入ってきます。

事業を軌道に乗せていくためにも、把握していきたいことのひとつと言えるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA