黒字でも倒産することがある?黒字倒産とは?

あなたは【倒産】という言葉を聞いてどんなイメージを持ちますか?

基本的には、赤字の会社が経営に行き詰まり倒産をしてしまうというイメージをお持ちではないでしょうか。

しかし、黒字経営をしていても倒産をしてしまうことがあります。

ここでは、倒産とはそもそもどんなもので。黒字倒産がどんなときに起きるのか、また、防ぐためにどうすれば良いのかなどについて解説をしていきます。

黒字倒産とは?

これは、損益計算書上で見ると利益が出ている黒字の状態であるにも関わらず、企業が倒産をしてしまうことを指します。

損益計算書では、一事業年度の売上から経費を差し引いた利益を算出することができ、その年度で会社がプラスなのかマイナスなのかを知ることができます。

計算書上では黒字で利益が出ているのに、会社が倒産するということに違和感を感じるかもしれませんが、お金の流れのしくみを知ることで、なぜ黒字倒産が起こるのかを理解することができます。

会社はなぜ倒産する?そもそも倒産とは?

一般的に使われる言葉として浸透してきた、倒産という言葉ですが、本当は正式な法律用語ではないのです。

この言葉が浸透した背景には、東京商工リサーチが1952年から全国の倒産する会社の動向の集計を開始したことがきっかけで一般的に知られるようになりました。

更には、1964年11月9日に衆議院商工委員会にて、中小企業の倒産問題を同集計の倒産データを基に国会質疑が行われたことで、倒産という言葉が広く普及しました。

またこの言葉の定義は、債務の支払ができなくなったり、経済活動が続けられない状態に陥ったケースなどを指します。

大きく分けて【法的倒産】と【私的倒産】のふたつに分けられます。

また法的倒産では、再建型と言われる【会社更生法】と【民事再生法】、清算型の【破産】と【特別清算】の4つに分類されます。

まとめると、「企業が経済的に行き詰まってしまい、支払能力を失い、その結果、事業を続けていくことが不可能な状況」ということです。

黒字と赤字

説明の必要はないかもしれませんが、黒字と赤字についてもカンタンに触れていきます。

黒字とは、利益が出ていることであり、赤字とは損失が出ていることです。

ちなみに、黒字でも赤字でもない状態を【収支トントン】と言ったりします。

この状態は、実際の売上が損益分岐点と同じであったことを指します。

黒字でも倒産してしまうのはなぜ?

では、なぜ黒字なのにも関わらず倒産してしまうのでしょうか。

ここで重要なのは、会計上での記録ではなく、実際のお金の動きです。

商品を売り買いしたときの決済は、基本的に1~3ヵ月後の決済となるため、その間の利益が計算書上に書かれていたとしても、現金がすぐには入ってきません。

この期間に、実際のお金の入出金が合わずに経費の支払いなどで資金繰りが上手くいかなくなることがあります。

つまり、計算書上では黒字でも、自己資金での支払いが不可能となり、銀行からの借入もできない状態になると、仕入代金が払えなくなり、倒産状態となってしまうのです。

そうなってしまった後に、銀行との取引が停止されたり、裁判所に破産の手続きを申請することで、倒産が確定してしまいます。

黒字倒産を防ぐためにはどうすれば?

黒字倒産を防ぐために考えられるのは、現金を確保しておくことです。

仕入や在庫管理、販売や回収が必要なビジネスモデルの場合、商品が売れておらず、売上が回収できなくとも、仕入のための代金を支払う必要がでてきます。

その仕入から回収までに時間がかかればかかるほど、黒字倒産の危険性が上がります。

そのためにも、余裕を持った現金を確保しておく必要があるのです。

現金が鍵を握る

会社を経営していく上で、黒字を出し続けることはとても大切です。

赤字をが続けば、仕事に関わるさまざまな人たちとの関係が悪化します。

ただし、黒字であれば良いというわけではないことは理解できたかと思います。

黒字であることはもちろん大事ですが、先ほども触れたように現金を持っておくことの方がもっと大切です。

会社を経営していく人は、このことを常に頭の中に入れておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA