企業における4つのステージ「シード・アーリー・ミドル・レイター」

人の成長と同じように、企業も成長をしていきます。

人であれば、幼少期から始まり、児童期⇒思春期と段階を踏んでいきます。

企業にも段階があり、4つのステージに分けて表現をします。

自分の企業がどの段階にいるのかをしっかりと把握することで、今現在の事業計画が順調に進んでいるのかを確認することができます。

そこで今回は、4つの段階の解説をするとともに、シード段階の前のプレシードについてもご紹介していきます。

企業における4つのステージとは

4つのステージは、シード・アーリー・ミドル・レイターに分けられます。

これは、まだ上場をしていないベンチャー企業に使われます。

この成長段階を見て、その企業にどれだけの投資価値があるのかを評価されます。

そのため、株式の上場を目標に掲げている経営者にとっては、必ず知っておきたい知識と言えます。

ベンチャー企業に向けて投資をするベンチャーキャピタルでは、シード以降のステージを【シリーズA、B、C】と分けることが多いようです。

A=アーリー、B=ミドル、C=レイターという位置付けであり、表現にだけ違いがあるということを理解しておきましょう。

それでは、これからそれぞれの段階について説明していきます。

シード

【seed(シード)】とは種という意味を持ち、創業のための準備をしている段階のことを指します。

創業に向けて、事業のアイディアやコンセプトを固めていきます。

構想がまとまってきたら、事業として収益面で成り立つのかどうかを確認するための市場調査などを行い、ニーズを予測し事業計画を立て、その計画を創業計画書として作成します。

このステージにいる企業の資金は、主に自己資金を使うことが一般的です。

しかし事業によっては、まとまった資金が必要になるときもあります。

そのときは、自己資金と別に融資を受けたりします。

創業前は、基本的に社会的信用が低い状態のため、民間の金融機関などから融資を受けるのは厳しいのが現実です。

そのため、政府系の金融機関や日本政策金融公庫から創業の融資を受けることが多いです。

日本政策金融公庫は、経済の発展のために積極的に支援を行っているため、実績がなくとも融資を受けやすい特徴があります。

これは当たり前のことですが、手元にある資金に余裕があるほど、倒産のリスクが低くなるため、なるべく早い段階から資金調達をしておきましょう。

アーリー

early=アーリーは、【初期】という意味を持つ言葉で、発展途上、または創業した直後の時期のことです。

このステージにいると判定される多くは、創業8年以内、売上高2億円以下、従業員数名という、これから成長していくであろうベンチャー企業です。

廃業してしまうベンチャー企業の多くは、このステージなのです。

売上はあっても、赤字が続いている状態で、資金繰りが安定せずに、ちょっとのことで倒産してしまいます。

融資を受けるのが難しいのもひとつの要因です。

この段階の企業は、シードと同様の融資先、またはエンジェル投資家から資金を調達するケースが多いです。

売上高が1億円を超えていれば、ハイリスクハイリターンの出資をしてくれるベンチャーキャピタルを利用することもあります。

ミドル

middle=ミドルは、【中期】という意味を持つ言葉で、急成長をしている段階、または事業が急速に伸びる時期のことです。

前の年の売上が倍増し、世間からの認知度が上がり、人材不足になり、人件費と売り上げとのバランスに悩まされる頃です。

このステージと判定される多くは、売上高5億円超え、従業員20名以上で、事業が軌道に乗り始め、世間の認知度も上がってきた企業です。

実績次第では、民間の金融機関から融資を受けることも可能となります。

ベンチャーキャピタルからの増資をしてしまうと、経営者の保有する株の比率が下がり、経営権に影響を与えるため、金融機関からの資金調達を優先するところが多いようです。

レイター

later=レイターは、【後期】という意味を持つ言葉で、上場をする前、またはビジネスが安定してきた時期のことです。

商品やサービスが充実し、広告費にかけるお金が高くなってきます。

日本全国や海外への展開をし始め、上場やM&Aなどで事業の拡大を図ったり、新たな事業の立ち上げも視野に入れる頃です。

このステージと判定される多くは。売上高30億円超え、従業員50~100名規模のベンチャー企業です。

この頃には、社会的信用が確実にある状態となり、民間の金融会社からの融資が受けやすくなっています。

シードの前のプレシードとは?

最後にご紹介するのがpre-seed=プレシードです。

これは、種の前という意味を持つ言葉で、創業を思いついた、または創業のコンセプトやアイディアが出てきた時期です。

シードの段階よりももっと構想などが抽象的な頃です。

ここから創業に向けてやっておくことは5つほどあります。

  1. 目的
  2. ターゲット
  3. 売上見込み
  4. 事業計画
  5. リスクヘッジ

その事業の目的を考え、どのようなターゲットにどんな内容の商品やサービスを提供するのか、また売上の見込みは立つのかなどを客観的な視点で見たときに、根拠をもって説明ができるかどうかが重要となり、それができなければ事業が失敗するリスクが高まります。

事業が始まってから失敗や後悔をしないためにも、創業前にシミュレーションを何度もしておくといいでしょう。

段階を知り、成長へ

自分の企業が、どの段階にいるかをしっかりと現状把握できれば、これからどのように成長していけばいいのかの指標になります。

人の場合、その人がどの成長段階かはいちいち考えず、言葉も知らないまま成長をしていきます。

しかし、その言葉や時期を明確に分かっていれば、その時々での対応の仕方や育て方を事前に準備することができます。

改めて、企業の現状を理解し、これからの発展に力を注ぎましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA