金持ち父さんで紹介されている【ESBI】

お金の稼ぎ方は人によって違います。

年中無休で働いているが、なかなか収入が上がらない人もいれば、ほとんど働かずに多くの収入を得ている人もいます。

なぜ、そこに差が生まれるのでしょうか。

それは、収入を得ている方法や手段が人によって違ってくるからです。

そこでここでは、その理由を金持ち父さん貧乏父さんという本でも紹介されている、【ESBI】というものを基に解説をしていきます。

キャッシュフロークワドラント【ESBI】

この言葉の意味を分けて説明すると、「キャッシュフロー=お金の流れ」、「クワドラント=円を4分割したもの」という意味になります。

つまり、収入を得る形式が4つあり、その4つの頭文字を集めて【ESBI】という言葉ができあがります。

Eは従業員という意味を持つemployee(エンプロイー)、Sは自営業という意味のself employee(セルフエンプロイー)、Bはビジネスオーナー=business owner、そしてIは投資家という意味を持つinvestor(インベスター)です。

人々の収入形態は、このどれかしらに必ず該当します。

労働と権利

お金をもらう方法には、労働と権利のふたつの収入形態が存在します。

労働収入は、どんなに頑張っても自分の力でしかお金を稼ぐことができません。

自分の時間と体を使って稼ぐ手段であり、これには限界があります。

また、プライベートの時間を削ることにもなります。

権利収入は、自分ではない他のモノの力を使ってお金を稼ぐ方法です。

たとえば、お金に働いてもらってお金を増やしたり、人を使って稼いだりとさまざまです。

そのため、収入に限界がなく、加えてプライベートの時間も自由に持てるようになります。

それぞれの特徴

収入の方法がふたつ存在し、それぞれを理解できたところで、【ESBI】のひとつひとつの特徴について解説をしていきます。

エンプロイー

これは、会社などに勤めることで給料を得ているような人です。

企業の大小に関わらず、どこかしらの会社に雇われ、給料を得ているのであれば、全員がEに属していることになります。

ここに属する人達の特徴をいくつかご紹介します。

・プライベートの自由な時間が少なくなる

従業員は、給料をもらうために時間を対価として働いているため、時間の拘束があります。

朝何時に出社し、何時まで働くという決まりがあり、また残業もあったりします。

このように、拘束の時間が多く発生するため、自分の自由な時間が少なくなってしまいがちなのです。

・収入に限界がある

基本的に、時給や固定給といった1時間1,000円、日給10,000円、1ヶ月20万円などといった、労働力に対しておお金を受け取ります。

そのため、自分の体だけでお金を稼がなくてはいけないため、純粋に働く時間を増やさない限りは収入が増えないのです。

しかし、働く時間を増やすとしても、1日は24時間しかなく、睡眠や食事などのことを考えれば、増やせる時間も限られるでしょう。

仮に、1、2時間増やしたとしても、大して収入は増えません。

・会社が主導権を握っている

会社に勤めて給料をもらっている以上は、基本的に何事も会社主導となります。

そのため、急に明日から異動と告げられれば、異動しなくてはならないし、また引っ越しが必要になることもあります。

また、勤務時間を変更すると告げられれば、勤務時間を変えなくてはいけません。

最悪の場合、人件費の削減という理由で、急に会社をクビになる可能性もあります。

好きなときに働き、好きなときに旅行に行き、やりたい仕事をやるというのは、会社主導である限りなかなか難しいのです。

セルフエンプロイー

これは、自分で事業をやっている人です。

たとえば、農家や漁師、個人経営でお店を持っている人、個人で販売などのサービスを提供している人などがSになります。

ここに属する人達の特徴をいくつかご紹介します。

・自由な時間が少ない

自営業の人も、働くのは主に自分であるため、自由な時間は少なくなります。

また、自分でどれだけ働いたかが収入になるため、多くのお金を稼ごうとすると結果的に働きづめの生活を送る人も少なくありません。

・収入に限界がある

ここに該当する人は、働いた分だけ収入を得る労働収入です。

働けば働くほど収入をもらえるので、労働時間を増やさない限り、収入は増えず、また限界があります。

・主導権は自分

従業員との違いは、主導権が自分にあることです。

どんな仕事をやるか、いつ休むか、時間と場所、休日などのコントロールは自分で行うことができます。

しかし、休む時間を多くしてしまうと収入がなくなってしまうため、自由な時間を確保するのが困難にはなります。

ビジネスオーナー

これは、ビジネスを所有する人のことです。

たとえば、飲食店のオーナー、美容クリニックのオーナーなど、あまり現場には顔を出さないが、そのビジネスの権利を所有している人のことです。

ここに属する人達の特徴をいくつかご紹介します。

・権利収入が得られる

ビジネスオーナーは、事業に出資を行い、ビジネスの基盤を作り、従業員を雇い、その事業全体の権利を持っています。

そのため、その事業で発生するリスクなどは全てオーナーが背負います。

しかし、そこで生まれた利益もオーナーのものです。

ここに該当する人は、現場で働かなくても、自動的に収入が入る権利収入型です。

自分の時間を使わないため、労働力や時間に限界がなく、このような仕組みを複数作ることで、より収入を増やしていけます。

・自由な時間がある

自分が現場で働くことがほとんどないため、基本的に自由な時間が確保できます。

いつ働き、いつ休むかを全て決めることができます。

・主導権は自分

何事も全て自分が主体なため、どこでどんな事業をするのか、またいつ休み、どれぐらい働くのか、全て自由なのです。

自由な時間が多いというのは、自己投資をする余裕があり、また新たなビジネスの展開を行ったり、旅行に行ったり、できることの幅が広がります。

インベスター

これは、株や不動産、為替などの投資を行い利益を得ている人達です。

お金などの自分以外のモノに働いてもらい、収入を得ています。

ここに属する人達の特徴をいくつかご紹介します。

・権利収入が得られる

事業の出資を行い、そのがビジネスが成功していけば、その分の報酬を受け取り、それが収入となります。

基本的には出資をするだけで、労働をすることはなく、自動的に収入が入ってきます。

このような権利をいくつも増やし、収入を増やしていきます。

・自由な時間がある

基本的に自分で働くことがないため、自由な時間が多くあります。

・主導権は自分

自由な時間とお金があるため、何事においても好きなことが好きなときにできます。

人生の全てを自分でコントロールできるのです。

段階を踏んで収入を得よう

お金があまりないような、従業員の人が少ない資金で投資をしようとしても、多くの資産を持っている人に負けてしまいます。

株式やFXなどの投資は、勝っている人の数と負けている人の数は違えど、そこで動いているお金はイコールです。

そのため、お金があまりない人が運用に取り組んでも投資をメインの収入としているプロには勝てずに、その人たちにお金を持ってかれてしまいます。

そうならないためにもE⇒S⇒B⇒Iという段階を踏んで収入を構築していくのが良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA